{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702257700941660   整理番号:17A1801551

長野県における5年間のセミの抜け殻調査-気候変動が身近な生き物に及ぼす影響を評価する試みとして-

著者 (7件):
資料名:
号: 13  ページ: 47-53  発行年: 2017年06月30日
JST資料番号: J1502B  ISSN: 1880-179X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
長野県環境保全研究所では,気候変動影響調査と市民への環境学習の機会の提供を兼ねた講座とし,毎年8月に長野県内の6箇所(長野,上田,飯田,松本,伊那,大町)で,セミの抜け殻調査を1回ずつ実施している。本研究では,2012~2016年の5年間のデータから,セミの分布状況や年次変化を示し,各種セミの抜け殻数と気候条件の相関関係を基に年次変化の要因を考察した。この結果,エゾゼミは標高700m以上の涼しい調査地点で確認され,ニイニイゼミは標高700m未満の暖かい調査地点で確認された。松本会場ではエゾゼミが,長野会場ではニイニイゼミが,それぞれ減少傾向にあるが,長野,上田,松本の3会場ではミンミンゼミが増加傾向にあった。この3会場全てで,ミンミンゼミの抜け殻数は5月の月平均気温と有意な正の相関があった。今後も各地点での調査を継続すると共に,定点で時期を変えて複数回の調査を行い,調査のタイミングによるセミの抜け殻の種類の違いを評価することが課題である。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
個体群生態学 
引用文献 (18件):
  • IPCC (2013) Climate change 2013 : the physical science basis. Contribution of working group I to the fifth assessment report of the IPCC. Cambridge University Press. 1535pp
  • 気象庁,日本の年平均気温,http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/temp/an_jpn.html(2017年1月確認)
  • 長野県環境保全研究所(2008)長野県における地球温暖化現象の実態に関する調査研究報告書.長野県環境保全研究所研究プロジェクト成果報告 6.59pp
  • 長野県環境保全研究所(2009)長野県におけるヒートアイランド現象の実態に関する調査研究報告書.長野県環境保全研究所研究プロジェクト成果報告 7.43pp
  • 気象庁,ヒートアイランド現象,http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/himr_faq/10/qa.html(2017年1月確認)
もっと見る

前のページに戻る