{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702286404131172   整理番号:17A0372766

ニクスタマリゼーション過程における果皮を通しての物質輸送現象【Powered by NICT】

The mass transport phenomenon through pericarp during the nixtamalization process
著者 (9件):
資料名:
巻: 100  号: PA  ページ: 477-486  発行年: 2016年
JST資料番号: W0512A  ISSN: 0960-3085  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本研究の目的は,見かけの拡散係数を相関トウモロコシ穀粒の調理段階の評価を通して果皮で起こる形態変化した,プロセス条件を設定するために,拡散速度はニクスタマル化プロセスにおける時間を短縮するために速い。拡散速度が大きいプロセス条件を設定するためにnixtamalizacionプロセス時間を低減した。カルシウムの拡散は三種の温度(7080および90°C)で研究した。トウモロコシの調理は微分光音響セル(DPC)で実施した。,拡散過程は温度変調示差走査熱量測定(MDSC)でシミュレートした。調理後,果皮中の残留カルシウム含量は原子吸光分光法(AAS)により決定した。これらのデータは,数学モデルを解くために使用した。トウモロコシへの物質の輸送を説明するために採用した拡散モデルはFickの法則を用いて開発した。拡散現象は低真空走査型電子顕微鏡法(LV SEM)を用いた果皮が経験した形態学的変化に関連していた。最終見かけの拡散係数は,それぞれ7080および90°Cで0.9265と1.2101と1.4533m~/秒×10~ 8であった;,QPMトウモロコシ穀粒の調理段階のための推奨された最良プロセス条件は,90°C,50分間である。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
食品の乾燥 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る