{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201702293083640017   整理番号:17A0116524

表面筋電図に基づく口唇形状ピークで検出された特徴を用いた日本語母音の連続聞き取れない認識【Powered by NICT】

Continuous inaudible recognition of Japanese vowels using features detected at lips shape peaks based on surface electromyography
著者 (3件):
資料名:
巻: 2016  号: ICSAI  ページ: 959-964  発行年: 2016年
JST資料番号: W2441A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
表面筋電図を用いて,聞こえない日本語音声の認識を行った。自然音声中に,筋活動は先行または後続音素の影響下で連続的に緩やかに変化し,単母音の発話の中でさえ。音素の安定な特徴を抽出するためにこのような変化の時間的位置を検出する必要がある。著者らの以前の研究では,母音の最も明確な特徴である,時間位置が唇を明確に形成されるときの時間であることが期待される。,ウェーブレット係数の重心を参照する,CoBを用いた追跡口唇形状のための筋活動を評価した。しかし,この方法は実行の点で複雑である。CoBは,評価筋活動のための不十分な情報であることを仮定している。CoBは筋肉強度との相関における下,神経組織活性を反映する周波数特性を持つからである。周波数特性と信号パワー特徴を用いて筋活動を評価し,唇形状を追跡した。本論文では,唇形状を追跡し,唇形状ピークを検出する方法を記述し,そのようなピーク周辺の特徴を用いることにより,対聞き取れなく日本語母音の連続発話の認識結果を報告した。Copyright 2017 The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
パターン認識  ,  生体計測 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る