研究者
J-GLOBAL ID:201801000647657565   更新日: 2022年04月01日

梅村 啓史

ウメムラ ヒロシ | Umemura Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 病態医化学 ,  皮膚科学 ,  その他
研究キーワード (6件): メタボロミクス ,  プロテオミクス ,  臨床遺伝 ,  遺伝カウンセリング ,  質量分析法 ,  腫瘍マーカー
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2021 - 2024 マルチオミクスを用いた新規歯周疾患マーカーの開発
  • 2020 - 2021 質量分析法によるインドール血中濃度の測定と悪性黒色腫への臨床応用
  • 2010 - 2011 網羅的自己抗体検出系による血清胃癌マーカーの開発と臨床応用
  • 2008 - 2009 多角的プロテオーム解析における予後不良消化器癌の早期診断法の開発
論文 (42件):
  • Sachio Tsuchida, Hiroshi Umemura, Syota Murata, Akiko Miyabe, Mamoru Satoh, Kazuyuki Matsushita, Tomohiro Nakayama, Fumio Nomura. Effect of humidity during sample preparation on bacterial identification using matrix-assisted laser desorption/ionization time-of-flight mass spectrometry. Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences. 2021. 1176. 122780-122780
  • Hiromu Naruse, Hiroshi Umemura, Tomohiro Nakayama. Identification of a novel frameshift c.930delG MEN1 germline mutation (p.Glu273LysfsTer7) in a sporadic case of multiple endocrine neoplasia type 1: A case report. Molecular medicine reports. 2020. 22. 6. 5423-5427
  • Mio Tsuchiya, Takahiro Yamada, Rina Akaishi, Haruka Hamanoue, Akira Hirasawa, Maki Hyodo, Issei Imoto, Tomoki Kosho, Kenji Kurosawa, Hiromi Murakami, et al. Attitudes toward and current status of disclosure of secondary findings from next-generation sequencing: a nation-wide survey of clinical genetics professionals in Japan. Journal of human genetics. 2020. 65. 12. 1045-1053
  • Sachio Tsuchida, Hiroshi Umemura, Tomohiro Nakayama. Current Status of Matrix-Assisted Laser Desorption/Ionization-Time-of-Flight Mass Spectrometry (MALDI-TOF MS) in Clinical Diagnostic Microbiology. Molecules. 2020. 25. 20. E4775
  • Hiroshi Umemura, Katsuhiro Miura, Hiromu Naruse, Yoshihiro Hatta, Masami Takei, Tomohiro Nakayama. Identification of a Novel ACVRL1 Gene Mutation (c.100T>A, p.Cys34Ser) in a Japanese Patient with Possible Hereditary Hemorrhagic Telangiectasia (Osler-Weber-Rendu Disease). Acta medica Okayama. 2020. 74. 2. 165-169
もっと見る
特許 (1件):
  • 多発性硬化症またはNMOの検査マーカーの測定方法
講演・口頭発表等 (32件):
  • より細い採血針の使用により、採血関連疼痛と神経損傷は減少するが、溶血は増加する
    (第68回日本臨床検査医学会学術集会 2021)
  • より細い針を使用することで採血後の痛みと神経損傷は減少するが、溶血は増加する
    (第53回日本医療検査科学会大会 2021)
  • 診断支援システムDSS を用いたC反応性タンパクと赤血球沈降速度乖離症例の比較検討
    (第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020)
  • 診断支援システムDSS を用いたC反応性タンパクと赤血球沈降速度乖離症例の解析
    (第52回日本医療検査科学会大会 2020)
  • 悪性黒色腫における血清5-S-CDレベルの検討
    (第66回日本臨床検査医学会学術集会 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2006 - 2010 千葉大学大学院 博士課程 先進医療科学専攻 病態検査医学
  • 2000 - 2004 千葉大学 医学科(MD-PhDコース)
  • 1998 - 2000 東京大学 生命・認知科学科 基礎生命科学分科
  • 1996 - 1998 東京大学 理科二類
学位 (1件):
  • 医学博士 (千葉大学)
経歴 (16件):
  • 2021/10 - 現在 日本大学 医学部附属板橋病院 感染予防対策室 室長
  • 2020/01 - 現在 日本大学 医学部 病態病理学系 臨床検査医学分野 准教授
  • 2020/01 - 現在 日本大学 医学部附属板橋病院 臨床検査医学科 科長
  • 2019/07 - 2019/12 日本大学 医学部 病態病理学系 臨床検査医学分野 助教
  • 2018/11 - 2019/06 日本大学 医学部 病態病理学系 臨床検査医学分野 助手
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2019/05 - 現在 日本遺伝カウンセリング学会 倫理問題検討委員会 委員
所属学会 (10件):
日本化学療法学会 ,  日本臨床化学会 ,  日本医用マススペクトル学会 ,  日本臨床検査医学会 ,  日本皮膚科学会 ,  日本遺伝カウンセリング学会 ,  日本遺伝子診療学会 ,  日本医療検査科学会 ,  日本臨床検査専門医会 ,  日本感染症学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る