研究者
J-GLOBAL ID:201801002119760721   更新日: 2020年08月31日

古林 俊晃

フルバヤシ トシアキ | Furubayashi Toshiaki
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (5件): 実験心理学 ,  スポーツ科学 ,  内科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (5件): 運動生理学 ,  運動制御 ,  時間知覚 ,  磁気刺激 ,  随意運動
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2021 運動表象のオノマトペは本当に運動効率を変えるのか-高次脳機能から真偽を探る-
  • 2015 - 2019 運動形態を表象するオノマトペを用いた運動制御の探求
論文 (71件):
もっと見る
MISC (21件):
  • 沼田 純希, 尾張 望美, 柿崎 千穂, 菅原 憲一, 寺尾 安生, 宇川 義一, 古林 俊晃. 同期タッピング課題による上下肢の運動の特異性. 臨床神経生理学. 2018. 46. 5. 519-519
  • 寺尾 安生, 古林 俊晃, 徳重 真一, 松田 俊一, 濱田 雅, 堤 涼介, 清水 崇宏, 田中 信行, 寺田 さとみ, 花島 律子, et al. パーキンソン病における時間認知障害. 臨床神経学. 2014. 54. Suppl. S187-S187
  • S. J. Groiss, T. Murakami, H. Enomoto, S. Nakatani-Enomoto, S. Kobayashi, A. Yoshihara, K. Nakamura, T. Furubayashi, Y. Sugiura, T. Kujirai, et al. Transient effects induced by transcranial magnetic quadripulses of the human primary motor cortex. MOVEMENT DISORDERS. 2014. 29. S199-S200
  • Y. Terao, T. Furubayashi, S. Tokushige, S. Matsuda, M. Hamada, R. Tsutsumi, T. Shimizu, N. Tanaka, S. Terada, R. Hanajima, et al. Impairment of time perception in Parkinson's disease. MOVEMENT DISORDERS. 2014. 29. S367-S367
  • H. Matsumoto, S. Matsuda, T. Furubayashi, R. Hanajima, S. Tsuji, Y. Ugawa, Y. Terao. Visual scanning area is narrowed in PD and enlarged in SCD. MOVEMENT DISORDERS. 2014. 29. S282-S282
もっと見る
書籍 (2件):
  • イラスト アダプテッド・スポーツ概論
    東京教学社 2017 ISBN:9784808260507
  • 磁気刺激法の基礎と応用
    医歯薬出版 2005 ISBN:4263212908
学位 (1件):
  • 医学博士 (福島県立医科大学)
所属学会 (5件):
日本スポーツ精神医学会 ,  日本スポーツ心理学会 ,  日本体力医学会 ,  日本生理学会 ,  日本臨床神経生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る