研究者
J-GLOBAL ID:201801002964591335   更新日: 2024年05月01日

沼田 純希

ヌマタ アツキ | Numata Atsuki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): リハビリテーション科学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2023 - 2026 歩行リズム生成に関わる運動関連脳領域の機能的特性を活かしたリハビリテーション
  • 2023 - 2024 歩行リズムの生成に関わる時間処理機能と運動関連脳領域の役割
  • 2019 - 2022 日常生活における足関節の随意運動制御の役割 ~リズム運動機構に着目して~
論文 (5件):
MISC (42件):
  • 沼田 純希, 寺尾 安生, 冨樫 尚彦, 長谷川 一子, 菅原 憲一, 宇川 義一, 古林 俊晃. パーキンソン病患者における下肢の時間的同期能力の特徴. 臨床神経生理学. 2023. 51. 5. 571-571
  • 沼田 純希, 寺尾 安生, 冨樫 尚彦, 長谷川 一子, 菅原 憲一, 宇川 義一, 古林 俊晃. パーキンソン病患者における下肢の時間的同期能力と歩行障害の関連性. 基礎理学療法学. 2023. 26. Supplement. S4-1-S4-1
  • 古林 俊晃, 沼田 純希. オノマトペが運動に及ぼす効果と中枢神経系の経時的変化. スポーツ精神医学. 2022. 19. A15-A15
  • 古林 俊晃, 沼田 純希, 寺尾 安生, 宇川 義一. 運動に関連した擬音語が大脳皮質運動野の興奮性に及ぼす影響. 臨床神経生理学. 2021. 49. 5. 414-414
  • 沼田 純希, 寺尾 安生, 菅原 憲一, 宇川 義一, 古林 俊晃. 電気刺激による体性感覚情報が下肢のリズム形成に与える影響. 臨床神経生理学. 2021. 49. 5. 417-417
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • 歩行のリズム生成に関わる脳領域
    (ミニシンポジウム:スピリチュアリティ研究と脳研究の接面 2023)
学歴 (3件):
  • 2018 - 2021 神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学研究科
  • 2014 - 2016 神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学研究科 保健福祉学専攻 リハビリテーション領域
  • 2006 - 2010 国際医療福祉大学 保健医療学部 理学療法学科
学位 (1件):
  • 博士(保健福祉学) (神奈川県立保健福祉大学)
経歴 (2件):
  • 2016/04 - 現在 東北文化学園大学 医療福祉学部 リハビリテーション学科
  • 2010/04 - 2016/03 公益社団法人地域医療振興協会 横須賀市立市民病院 リハビリテーション療法科 理学療法士
受賞 (2件):
  • 2023/10 - 一般財団法人 石田實記念財団 石田實記念財団研究奨励賞 リズム生成と自動化に関わる時間処理機能と運動関連脳領域の役割に関する研究
  • 2023/03 - 公益財団法人 トーキン科学技術振興財団 トーキン財団奨励賞 歩行時の足関節における中枢神経系の運動制御戦略に関する研究
所属学会 (10件):
日本パーキンソン病・運動障害疾患学会 ,  日本臨床神経生理学会 ,  日本ニューロリハビリテーション学会 ,  日本神経理学療法学会 ,  日本基礎理学療法学会 ,  日本理学療法士協会 ,  日本物理療法学会 ,  理学療法科学学会 ,  日本体力医学会 ,  日本靴医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る