研究者
J-GLOBAL ID:201801003314599230   更新日: 2021年10月27日

宮本 和樹

Miyamoto Kazuki
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 環境農学
研究キーワード (3件): 熱帯林 ,  森林炭素蓄積 ,  人工林管理
論文 (20件):
MISC (10件):
  • 稲垣善之, 米田令仁, 宮本和樹, 酒井敦. 四国支所ヒノキ林における幹成長と気象条件の関係. 森林総合研究所四国支所年報. 2019. 60. 16-20
  • Takashi S. Kohyama, Tika D. Atikah, Kazuki Miyamoto, Satomi Shiodera, Herwint Simbolon, Joeni S. Rahajoe. High specific wood productivity in relation to quick canopy turnover in intact peat-swamp and heath forests in Central Kalimantan. he Proceedings of the International Workshop on Forest Ecological Resources Security for Next Generation: Development and Routine Utilization of Forest Ecological Resources and their Domestication. 2018. 107-115
  • Shin-ichiro Aiba, Kazuki Miyamoto. Mechanism of conifer dominance in tropical forests: An introduction. Japanese Journal of Ecology. 2017. 67. 3. 307-311
  • Kazuki Miyamoto, Shin-Ichiro Aiba, Rota Wagai, Ruben Nilus. Conifer dominance in tropical heath forest - Factors determining forest structure and species composition. Japanese Journal of Ecology. 2017. 67. 3. 331-337
  • 稲垣善之, 宮本和樹, 中西麻美. 気象条件の異なるヒノキ林における樹冠葉量の推定. 日本生態学会中国四国地区大会. 2015
もっと見る
書籍 (2件):
  • REDD-plus Cookbook Annex. 調査マニュアル Vol.1. 地上インベントリ調査法
    2016
  • Tropical Peatland Ecosystems
    Springer 2016
講演・口頭発表等 (3件):
  • 近赤外分光法を用いた樹木細根の混合割合推定の試み
    (2019)
  • ペルー、アンデスの森林における炭素蓄積と樹木群集組成に対する撹乱の影響
    (IUFRO Conference 2018 Posadas 2018)
  • ボルネオ島におけるポドゾル化の程度が異なる熱帯林の個体群動態の比較
    (2017)
学位 (1件):
  • 博士(地球環境科学) (北海道大学大学院地球環境科学研究科)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る