研究者
J-GLOBAL ID:201801003740904644   更新日: 2018年10月04日

小田 吉哉

オダ ヨシヤ | oda yoshiya
所属機関・部署:
職名: 特任教授
研究分野 (1件): 生物分子化学
研究キーワード (5件): 体外診断薬 ,  リピドミクス ,  メタボロミクス ,  プロテオミクス ,  バイオマーカー
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2005 - 2009 タンパク質導入法ならびに定量リン酸化プロテオーム解析による細胞モニタリング技術の開発
  • 2005 - 2009 定量的メタボロミクスとプロテオミクスの融合
  • 2002 - 2005 バイオインフォーマティクスと融合した先進プロテオミクス・プラットフォームの創造
論文 (57件):
もっと見る
MISC (162件):
特許 (39件):
書籍 (4件):
  • できマス!プロテオミクス-質量分析によるタンパク質解析のコツ
    中山書店 2004 ISBN:4521016618
  • 創薬・タンパク質研究のためのプロテオミクス解析 : バイオマーカー・標的探索, 作用機序解析の研究戦略と実践マニュアル
    羊土社 2010 ISBN:9784758101769
  • 創薬・タンパク質研究のためのプロテオミクス解析-バイオマーカー・標的探索、作用機序解析の研究戦略と実践マニュアル (実験医学別冊 26)
    羊土社 2010 ISBN:4758101760
  • 生物活性分子のケミカルバイオロジー : 標的同定と作用機構 = Chemical biology of bioactive molecules
    化学同人 2015 ISBN:9784759813791
講演・口頭発表等 (15件):
  • Overview of Eisai Biomarker Research Activities
    (World Biomarkers and Companion Diagnostics Summit Asia 2011 2011)
  • From Biomarker Discovery to Late Stage Clinical Projects
    (Biomarkers World Europe 2012 2012)
  • Clinical Biomarkers-Improving Biomarker Validation
    (Discovery, Development & Commercialization of Companion Diagnostics 2013)
  • Biomarker Utility in Drug Development
    (ADAPT 2013: Clinical and Translational Biomarkers 2013)
  • From Biomarker Research to Diagnostic Development-Our Challenges
    (Biomarkers & Diagnostics World Congress: Biomarkers for Patient Selection 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1983 - 1987 京都大学 薬学部
  • 1987 - 1989 京都大学大学院 薬学研究科
学位 (1件):
  • 薬学博士 (京都大学)
経歴 (7件):
  • 1989/04 - 1996/06 エーザイ株式会社 研究員
  • 1996/07 - 1999/10 スクリプス研究所&ロックフェラー大学 Visiting Scientist
  • 1999/11 - 2009/06 エーザイ株式会社 主幹研究員
  • 2003/07 - 2011/01 東京大学大学院医学系研究科 客員准教授
  • 2009/07 - 2017/02 Eisai Inc ユニットプレジデント
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2017/09 - 現在 JMBC日本マイクロバイオームコンソーシアム 運営委員
  • 2016/04 - 現在 ヒューマンサイエンス振興財団 技術調査委員
  • 2015/04 - 現在 国立研究開発法人日本医療研究開発機構AMED-CREST 研究アドバイザー
  • 2013/04 - 現在 科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業「さきがけ」(PRESTO) 研究総括
  • 2006 - 2006 特許庁:平成18年度特許出願技術動向調査 ポストゲノム関連技術への提言・委員
受賞 (5件):
  • 2014 - 日本プロテオーム学会 学会賞 質量分析を用いた定量プロテオミクスにおける先駆的基盤技術の開発
  • 2006 - インビトロジェン社 Invitrogen-Nature Award バイオテクノロジー賞
  • 2005 - 日本質量分析学会 奨励賞 質量分析を用いた生体成分の定量分析とリン酸化タンパク質解析に関する研究
  • 2004 - 日本薬学会 薬学研究ビジョン部会賞 生体分子の分離定量法の開発に関する研究
  • 1999 - クロマトグラフィー科学会 奨励賞 HPLC, CEおよびLC/MSを用いた光学異性体、生体成分の分析
所属学会 (2件):
日本プロテオーム学会 ,  日本質量分析学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る