研究者
J-GLOBAL ID:201801004050792122   更新日: 2021年01月21日

淺賀 岳彦

アサカ タケヒコ | Asaka Takehiko
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 新潟大学  自然科学研究科 数理物質科学専攻   教授
ホームページURL (1件): http://muse.sc.niigata-u.ac.jp/~asaka/
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
研究キーワード (1件): 素粒子理論
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2020 - 2024 暗黒物質から探る標準模型を超えた新物理
  • 2018 - 2023 質量階層性に対する新しい原理が導く多彩な物理現象とプランクスケールの物理
  • 2019 - 2021 原始重力波を用いたニュートリノ質量獲得機構の解明
  • 2017 - 2020 地上実験による宇宙暗黒物質と宇宙バリオン数の起源解明
  • 2017 - 2019 電弱スケールでの共鳴レプトン数生成機構
全件表示
論文 (65件):
  • Takehiko Asaka, Hiroyuki Ishida, Kazuki Tanaka. Hiding neutrinoless double beta decay in the minimal seesaw mechanism. 2020
  • TAKEHIKO ASAKA, Yongtae Heo, Takahiro Yoshida. Lepton flavor model with modular $A_4$ symmetry in large volume limit. Phys.Lett.B. 2020. 811. 135956-135956
  • Takehiko Asaka, Hiroyuki Ishida, Wen Yin. Direct baryogenesis in the broken phase. 2019
  • Takehiko Asaka, Yongtae Heo, Takuya H. Tatsuishi, Takahiro Yoshida. Modular $A_4$ invariance and leptogenesis. 2019
  • Takehiko Asaka, Takahiro Yoshida. Resonant leptogenesis at TeV-scale and neutrinoless double beta decay. 2018
もっと見る
MISC (3件):
  • T. Asaka, M. Tanaka, K. Tsumura, M. Yoshimura. Precision electroweak shift of muonium hyperfine splitting. 2018
  • Takehiko Asaka, Shintaro Eijima, Kazuhiro Takeda. Probing Baryon Asymmetry of the Universe by Using Lepton Universality. 2015
  • Takehiko Asaka, Y. Takanishi. Masses and Mixing of Quarks and Leptons in Product-Group Unification. 2004
学歴 (1件):
  • - 1997 東北大学 物理学専攻
学位 (1件):
  • 博士 (理学) (東北大学)
経歴 (12件):
  • 2019/04 - 現在 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻 教授
  • 2019/04 - 現在 新潟大学 理学部 理学科 教授
  • 2017/04 - 2019/03 新潟大学 理学部 理学科 准教授
  • 2010/04 - 2019/03 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻 准教授
  • 2007/09/01 - 2017/03/31 新潟大学 理学部 物理学科 粒子科学 准教授
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る