研究者
J-GLOBAL ID:201801004281394081   更新日: 2020年08月28日

伊藤 綾香

Ito Ayaka
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 代謝、内分泌学 ,  病態医化学 ,  栄養学、健康科学
研究キーワード (4件): 自己免疫疾患 ,  免疫代謝 ,  免疫 ,  脂質代謝
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2017 - 2018 自己免疫疾患発症における細胞内コレステロール代謝の病態生理的意義
  • 2018 - 2018 細胞内脂肪酸の質に着目した自己免疫疾患発症の分子メカニズムの解明
  • 2017 - 2017 全身性エリテマトーデスにおける免疫細胞内リポクオリティの病態生理学的意義の解明
  • 2017 - 2017 自己免疫疾患における細胞内コレステロール代謝の病態生理的意義の解明
  • 2017 - 2017 慢性炎症性疾患における脂質代謝の意義の解明
全件表示
論文 (4件):
  • Sallam T, Jones M, Thomas BJ, Wu X, Gilliland T, Qian K, Eskin A, Casero D, Zhang Z, Sandhu J, Salisbury D, Rajbhandari P, Civelek M, Hong C, Ito A, Liu X, Daniel B, Lusis AJ, Whitelegge J, Nagy L, Castrillo A, Smale S, Tontonoz P. Transcriptional regulation of macrophage cholesterol efflux and atherogenesis by a long noncoding RNA. Nature Medicine. 2018. 24. 304-312
  • Fan J, Shimizu Y, Chan J, Wilkinson A, Ito A, Tontonoz P, Dullaghan E, Galea LA, Pfeifer T. Hormonal modulators of glial ABCA1 and apoE levels. Journal of Lipid Research. 2013. 54. 3139-3159
  • Rong X, Albert CJ, Hong C, Duerr MA, Chamberlain BT, Tarling EJ, Ito A, Gao J, Wang B, Edwards PA, Jung ME, Ford DA, Tontonoz P. LXRs regulate ER stress and inflammation through dynamic modulation of membrane phospholipid composition. Cell Metabolism. 2013. 18. 685-697
  • Ito A, Suganami T, Ogawa Y. [Inflammatory changes in obese adipose tissue]. Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine. 2009. 67. 2. 270-276
MISC (2件):
  • 伊藤綾香, 菅波孝祥. 慢性炎症性疾患における脂質クオリティ. 医学のあゆみ. 2018. 264. 11. 944-948
  • 菅波孝祥, 田中都, 伊藤綾香, 小川佳宏. メタボリックシンドロームとリポクオリティ. 実験医学増刊号. 2018. 36. 10. 174-179
講演・口頭発表等 (5件):
  • Cholesterol accumulation in CD11c+ immune cells is a causal and targetable factor in autoimmune disease
    (第47回日本免疫学会学術集会 2018)
  • Molecular crosstalk between cholesterol metabolism and immune responses
    (The 4th IMCR Symposium on endocrine and metabolism 2018)
  • 脂質代謝と免疫応答のクロストーク
    (第36回内分泌代謝学サマーセミナー 2018)
  • Cholesterol accumulation in CD11c+ immune cells is a causal and targetable factor in autoimmune disease
    (Cell Symposia 2018)
  • 自己免疫疾患発症における細胞内コレステロール代謝の意義
    (第91回日本内分泌学会学術総会 2018)
学歴 (3件):
  • 2004 - 2008 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科
  • 2002 - 2004 京都大学 大学院農学研究科
  • 1998 - 2002 奈良女子大学 生活環境学部
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京医科歯科大学)
経歴 (4件):
  • 2018/04 - 現在 名古屋大学 助教
  • 2017/06 - 2018/03 名古屋大学 特任助教
  • 2016/09 - 2017/05 名古屋大学 客員研究員
  • 2014/07 - 2016/08 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 アシスタントプロジェクトサイエンティスト
受賞 (3件):
  • 2018/04 - 日本臨床分子医学会 学術奨励賞
  • 2014/04 - 日本内分泌学会 若手研究奨励賞
  • 2007/10 - 日本肥満学会 若手研究奨励賞
所属学会 (4件):
日本栄養・食糧学会 ,  日本免疫学会 ,  日本肥満学会 ,  日本内分泌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る