研究者
J-GLOBAL ID:201801005651392233   更新日: 2020年09月01日

阿部 広明

Hiroaki Abe
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (2件): 昆虫科学 ,  遺伝学
研究キーワード (1件): 応用昆虫学、カイコ、蚕、遺伝子、染色体、性染色体、W染色体、トランスポゾン、転移因子、ゲノム
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2014 - 2016 鱗翅目昆虫のW染色体の分子生物学的解析
  • 2013 - 2013 理科教諭のための昆虫生命科学実験の手引き
  • 2012 - 2012 理科教諭のための昆虫生命科学実験の手引き
  • 2011 - 2011 理科教諭のための昆虫生命科学実験の手引き
  • 2011 - 2011 メス特異的性染色体Wの進化をカイコとクワコの比較ゲノムから明らかにする
全件表示
論文 (63件):
もっと見る
書籍 (4件):
  • Short Views on Insect Biochemistry and Molecular Biology
    International Book Mission, Academic Publisher, South India 2014 ISBN:9781633152052
  • Molecular Biology and Genetics of the Lepidoptera (Contemporary Topics in Entomology)
    Crc Pr I Lic 2010 ISBN:1420060147
  • Short views on Insect Molecular Biology
    Insect Molecular Biology Unit Bharathidasan University, India 2009
  • Translocations as Tools for Understanding Control of Sex Determination in the Silkworm, Bombyx mori
    NOVA Science Publishers, Inc. 2008 ISBN:9781604563443
講演・口頭発表等 (52件):
  • カブトムシ成虫のBark-carving behaviorの再考
    (日本動物行動関連学会・研究会 第36回大会(行動2017) 2017)
  • ヒトのパーキンソン病のモデルとされるカイコの動きを再考した
    (日本応用動物昆虫学会大会 2017)
  • 1齢期のアルビノ幼虫の生存を保障する経卵伝達物の実体
    (日本蚕糸学会第83回大会(平成25年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会) 2013)
  • Positional cloning of the genes responsible for important traits in the silkworm.
    (XXIV International Congress of Entomology 2012)
  • Molecular genetic studies on the spli locus controlling pheromone in the silkmoth, Bombyx mori.
    (XXIV International Congress of Entomology 2012)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1988 東京大学
  • - 1986 東京農工大学 蚕糸生物学科
学位 (2件):
  • 農学修士 (東京大学)
  • 博士(農学) (東京農工大学)
受賞 (3件):
  • 2005/04/03 - 社団法人日本蚕糸学会 日本蚕糸学会特別賞 日本蚕糸学会は貴研究グループの業績「カイコゲノム塩基配列情報の解読に関する研究」に対し蚕糸科学技術の発展に寄与するところが大きいことを認め日本蚕糸学会特別賞を贈呈しこれを表する。
  • 2003/04/17 - 森永乳業株式会社 栄養科学研究所 森永乳業栄養科学研究所 科学技術功労賞 ラクトフェリンの熱安定性に関する研究
  • 1994/04/03 - 日本蚕糸学会 蚕糸学進歩賞 遺伝的モザイクを用いたカイコ濃核病ウイルス2型非感受性機構の研究
所属学会 (5件):
日本蚕糸学会 ,  日本応用動物昆虫学会 ,  日本性科学会 ,  日本遺伝学会 ,  動物行動学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る