研究者
J-GLOBAL ID:201801005688186048   更新日: 2019年11月28日

八代 拓也

ヤシロ タクヤ | YASHIRO Takuya
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://www.rs.tus.ac.jp/chinishi/Yashiro.html
研究分野 (1件): 食品科学
研究キーワード (1件): 食品機能
論文 (26件):
  • Yashiro T, Takeuchi H, Nakamura S, Tanabe A, Hara M, Uchida K, Okumura K, Kasakura K, Nishiyama C. PU.1 plays a pivotal role in dendritic cell migration from the periphery to secondary lymphoid organs via regulating CCR7 expression. FASEB J. 2019. 33. 10. 11481-11491
  • Nagata K, Kasakura K, Miura R, Yashiro T, Nishiyama C. Suppressive role of PPARγ in the IgE-dependent activation of mast cells. INT IMMUNOL. 2019
  • 有村源一郎、上村卓矢、八代拓也. 植物アロマ成分を用いた有機栽培システムの開発とヒト健康増進効果への応用. 化学と生物. 2019. 57. 7. 428-432
  • Yashiro T, Sakata F, Sekimoto T, Shirai T, Hasebe F, Matsuda K, Kurosawa S, Suzuki S, Nagata K, Kasakura K, Nishiyama M, Nishiyama C. Immunosuppressive effect of a non-proteinogenic amino acid from Streptomyces through inhibiting allogeneic T cell proliferation. BIOSCI BIOTECH BIOCH. 2019. 1-6
  • Yashiro T, Nakano S, Nomura K, Uchida Y, Kasakura K, Nishiyama C. A transcription factor PU.1 is critical for Ccl22 gene expression in dendritic cells and macrophages. SCI REP-UK. 2019. 9. 1. 1161
もっと見る
書籍 (2件):
  • 分子細胞免疫学
    エルゼビア・ジャパン 2018 ISBN:9784860349172
  • 免疫生物学
    南江堂 2019 ISBN:978-4-524-25115-5
講演・口頭発表等 (91件):
  • 樹状細胞における転写制御因子NR4a3の機能解析
    (東京理科大学総合研究院トランスレーショナルリサーチセンター 第2回シンポジウム/研究交流会 2015)
  • PU.1 regulates MHC class II expression by transactivation of CIITA in plasmacytoid dendritic cells
    (日本免疫学会 2015)
  • 樹状細胞におけるRALDH2の発現制御機構
    (日本分子生物学会 2015)
  • T細胞におけるCCR7発現制御機構の解析
    (日本分子生物学会 2015)
  • マウスランゲルハンス細胞においてCd207遺伝子は転写調節因子PU.1によって転写制御される
    (日本分子生物学会 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2006 明治大学 農学部 生命科学科
  • - 2011 東京大学 農学系研究科 応用生命化学専攻
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る