研究者
J-GLOBAL ID:201801007276349646   更新日: 2020年09月10日

常岡 英弘

ツネオカ ヒデヒロ | Tsuneoka Hidehiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 細菌学
研究キーワード (1件): バルトネラ感染症
論文 (90件):
  • aCL/β2GPI and aPS/PT show synergic thrombogenic effects in suppressing anticoagulant activity of APC and stimulating tissue factor expression and TNF-α secretion by mononuclear cells. Thromb Res. 2019. 181. 52-58
  • Uchi SH, Yanai R, Tsuneoka H, Otsuyama KI, Sonoda KH, Kimura K. A CASE OF CAT SCRATCH DISEASE DIAGNOSED BY INDIRECT FLUORESCENT ANTIBODY ASSAY OF IGM SPECIFIC FOR A JAPANESE STRAIN OF Bartonella henselae. Retinal cases & brief reports. 2019
  • Masashi Yanagihara, Hidehiro Tsuneoka, Ayano Tanimoto, Ken-Ichiro Otsuyama, Jun Nishikawa, Tomohiro Matsui, Junzo Nojima, Kiyoshi Ichihara. Bartonella henselae DNA in seronegative patients with cat-scratch disease. Emerging Infectious Diseases. 2018. 24. 5. 924-925
  • Ken-Ichiro Otsuyama, Hidehiro Tsuneoka, Hiroka Yoshidomi, Mio Haraguchi, Masashi Yanagihara, Nobuko Tokuda, Junzo Nojima, Kiyoshi Ichiharaa. Utility of bartonella henselae IgM Western blot bands for serodiagnosis of cat scratch disease. Journal of Clinical Microbiology. 2018. 56. 1. 1-6
  • Nojima J, Motoki Y, Hara K, Sakata T, Tsuneoka H, Ichihara K. Detection of antibodies against domain 1 of β2-glycoprotein I is key in predicting thromboembolic complications in patients with systemic lupus erythematosus. Thrombosis research. 2017. 153. 83-84
もっと見る
MISC (4件):
  • 本木 由香里, 青木 なつみ, 常岡 英弘, 市原 清志, 野島 順三. Multiple aPL-ELISAsを用いた抗リン脂質抗体症候群検査診断の有用性. 日本検査血液学会雑誌. 2014. 15. 2. 154-162
  • 本木 由香里, 野島 順三, 大島 綾香, 國延 沙央里, 青木 なつみ, 常岡 英弘, 山本 美佐, 市原 清志. 全身性エリテマトーデス患者における抗ホスファチジルセリン/プロトロンビン抗体測定の臨床的意義. 日本検査血液学会雑誌. 2012. 13. 学術集会. S130-S130
  • 本木 由香里, 出尾 優佳, 野島 順三, 常岡 英弘, 松井 智浩, 山本 美佐, 柳原 正志, 市原 清志. リンパ系造血器腫瘍の悪性度を客観的に評価できる新たなバイオマーカー「酸化ストレス度」. 日本検査血液学会雑誌. 2011. 12. 学術集会. S118-S118
  • 本木 由香里, 野島 順三, 柳原 正志, 常岡 英弘, 松井 智浩, 市原 清志. 全身性エリテマトーデス患者の動脈硬化性病態における抗リン脂質抗体の影響. 日本検査血液学会雑誌. 2010. 11. 学術集会. S73-S73
書籍 (3件):
  • 臨床微生物検査技術教本
    丸善出版 2017
  • 新・カラーアトラス微生物検査
    医歯薬出版 2009
  • 新・病原菌の今日的意味
    医療ジャーナル社 1987
講演・口頭発表等 (66件):
  • 感染性心内膜炎患者より分離されたBartonella henselaeの分子系統解析と病原因子の遺伝子解析
    (第115回山口医学会学術講演会 2011)
  • わが国におけるヒトおよびネコ由来Bartonella henselaeのMultispacer typingによる遺伝子型の分布
    (第80回日本感染症学会西日本地方会学術集会 2010)
  • 自動分析装置BM-1650による酸化ストレス度の測定
    (第43中四国臨床検査学会 2010)
  • 感染性心内膜炎患者より分離されたBartonella henselaeの病原因子の遺伝子解析
    (第63回 日本細菌学会 中国・四国支部総会 2010)
  • 感染性心内膜炎患者より分離されたBartonella henselaeの分子系統解析
    (第63回 日本細菌学会 中国・四国支部総会 2010)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2004 山口大学 先端分子応用医科学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (山口大学)
経歴 (2件):
  • 2010/05/18 - 2016/05/18 山口大学 大学院医学系研究科(医学) 大学院担当教授
  • 2010/02/24 - 2010/05/17 山口大学 大学院医学系研究科(医学) 大学院担当教授
受賞 (3件):
  • 2008/05 - 日本臨床衛生検査技師学会 永年職精励者表彰受賞
  • 2006/05 - 黒住医学研究振興財団 小島三郎記念技術賞
  • 2005/11 - 日本感染症学会西日本地方会 感染症優秀論文賞受賞
所属学会 (8件):
日本臨床微生物学会評議委員 ,  日本臨床微生物学会評議委員 ,  日本疲労学会 ,  日本細菌学会 ,  日本環境感染学会 ,  日本臨床検査技師学会 ,  日本細胞診学会 ,  日本感染症学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る