研究者
J-GLOBAL ID:201801008473046570   更新日: 2024年07月11日

水島 恒和

ミズシマ ツネカズ | Mizushima Tsunekazu
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 消化器外科学
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2023 - 2026 炎症性発癌における自然リンパ球の役割解明
  • 2022 - 2025 炎症性腸疾患における腸内細菌叢に対する腸管上皮機能異常の研究
  • 2021 - 2024 ex vivo腫瘍モデルの構築と腫瘍間質を形成するメカニズムの解明
  • 2018 - 2021 マイクロRNAを用いた複合癌免疫療法の開発
  • 2017 - 2020 炎症性腸疾患関連癌の発癌関連性因子と生物学的特性解明のための基礎的検討
全件表示
論文 (1,003件):
  • Motoi Uchino, Hiroki Ikeuchi, Tatsuki Noguchi, Koji Okabayashi, Kitaro Futami, Shinji Tanaka, Hiroki Ohge, Kazuhiro Watanabe, Michio Itabashi, Kinya Okamoto, et al. Histological differentiation between sporadic and colitis-associated intestinal cancer in a nationwide study: A propensity-score-matched analysis. Journal of gastroenterology and hepatology. 2024. 39. 5. 893-901
  • Tadafumi Asaoka, Kenta Furukawa, Manabu Mikamori, Satoshi Hyuga, Tomofumi Ohashi, Iwamoto Kazuya, Yujiro Nakahara, Atsushi Naito, Hidekazu Takahashi, Jeongho Moon, et al. Portal vein wedge resection and patch venoplasty with autologous vein grafts for hepatobiliary-pancreatic cancer. Surgical case reports. 2024. 10. 1. 27-27
  • Shiki Fujino, Norikatsu Miyoshi, Aya Ito, Rie Hayashi, Masayoshi Yasui, Chu Matsuda, Masayuki Ohue, Masafumi Horie, Shinichi Yachida, Jun Koseki, et al. Metastases and treatment-resistant lineages in patient-derived cancer cells of colorectal cancer. Communications Biology. 2023. 6. 1
  • 荻野 崇之, 水島 恒和, 藤井 誠, 関戸 悠紀, 土岐 祐一郎, 江口 英利, 野口 竜剛, 杉原 健一, 味岡 洋一, 石原 聡一郎. IBD関連大腸腫瘍の診断と治療戦略 クローン病関連大腸癌の予後と再発形式. 日本大腸肛門病学会雑誌. 2023. 76. 9. A63-A63
  • 荻野 崇之, 水島 恒和, 藤井 誠, 関戸 悠紀, 土岐 祐一郎, 江口 英利, 野口 竜剛, 杉原 健一, 味岡 洋一, 石原 聡一郎. IBD関連大腸腫瘍の診断と治療戦略 クローン病関連大腸癌の予後と再発形式. 日本大腸肛門病学会雑誌. 2023. 76. 9. A63-A63
もっと見る
MISC (1,055件):
  • Masatoshi Kitakaze, Masamitsu Konno, Ayumu Asai, Ryota Chijimatsu, Shiki Fujino, Takayuki Ogino, Hidekazu Takahashi, Norikatsu Miyoshi, Mamoru Uemura, Taroh Satoh, et al. Single-cell analysis of immune cells in tumor reveals the function of resident memory T cells in colorectal tumor. CANCER SCIENCE. 2022. 113
  • 太田博文, 中田健, 小森孝通, 笹生和宏, 賀川義規, 森田俊治, 能浦真吾, 林伸泰, 植村守, 松田宙, et al. パニツムマブ皮膚障害予防策としてのスキンケアとクラリスロマイシン内服投与の効果. 日本臨床外科学会雑誌. 2021. 82. Supplement (Web)
  • Yuki Sekido, Junichi Nishimura, Kazuhiro Nakano, Takeaki Osu, Cheryl-Emiliane T Chow, Hiroshi Matsuno, Takayuki Ogino, Shiki Fujino, Norikatsu Miyoshi, Hidekazu Takahashi, et al. Some Gammaproteobacteria are enriched within CD14+ macrophages from intestinal lamina propria of Crohn's disease patients versus mucus. Scientific reports. 2020. 10. 1. 2988-2988
  • 水島恒和, 水島恒和, 安枝明日香, 荻野崇之, 吉原輝一, 森良太, 藤本侑士, 藤野志季, 三吉範克, 高橋秀和, et al. クローン病患者における術前サルコペニアと術後合併症の関係. 日本外科感染症学会雑誌(Web). 2020. 17. 5
  • 水島恒和, 水島恒和, 渡部嘉文, 池田敦世, 安枝明日香, 藤本侑士, 藤野志季, 荻野崇之, 三吉範克, 高橋秀和, et al. ヒト腸管疑似無菌モデルによる腸内細菌叢の腸管上皮・粘膜免疫に対する役割およびクローン病における意義の検討. 日本消化器病学会雑誌(Web). 2020. 117
もっと見る
経歴 (1件):
  • 2024/05 - 現在 獨協医科大学 外科学(下部消化管)講座 教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る