研究者
J-GLOBAL ID:201801008727957200   更新日: 2024年01月30日

二ッ森 俊一

フタツモリ シュンイチ | Shunichi Futatsumori
所属機関・部署:
職名: 上席研究員
研究分野 (1件): 航空宇宙工学
研究キーワード (2件): レーダ ,  電磁環境両立性
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2023 次世代ヘリコプタ前方障害物探知センサに適用するミリ波MIMOレーダ要素技術の研究
  • 2015 - 2018 樹脂系複合材料を用いた次世代航空機における電磁環境両立性解析技術の研究
  • 2013 - 2016 反射波遮蔽フェンスによるローカライザの積雪障害の抑制に関する研究
  • 2010 - 2012 樹脂系複合材料を一次構造材として用いた次世代航空機における電磁干渉解析技術の研究
  • 2008 - 2008 リアクション(反作用)方式を用いたマイクロ波送信用超伝導フィルタの研究開発
論文 (113件):
  • 米本 成人, 河村 暁子, 二ッ森 俊一, 森岡 和行, 塩野谷 哲久. セキュリティ検査のための画像化レーダー技術に関する基礎的研究. 電子航法研究所研究発表会講演概要. 2022. 22. 55-55
  • 二ッ森 俊一, 米本 成人, 河村 暁子, 森岡 和行. FOD 検知装置の導入および滑走路維持管理の効率化に関する研究. 電子航法研究所研究発表会講演概要. 2022. 22. 53-53
  • 二ッ森 俊一, 森岡 和行, 河村 暁子, 米本 成人. 滑走路異物監視システムの実用化に向けた研究開発動向. 電子航法研究所研究発表会講演概要. 2022. 22. 43-43
  • 二ッ森 俊一, 米本 成人, 河村 暁子, 森岡 和行. 電波高度計と同一/隣接周波数利用システムの周波数共用に 関する研究. 電子航法研究所研究発表会講演概要. 2022. 22. 54-54
  • Kazuyuki Morioka, Shunichi Futatsumori, Naruto Yonemoto, Jun Kitaori, Yasuto Sumiya, Akiko Kohmura. Rapid Prototyping for a Future Aeronautical Mobile Communications System Using Software Defined Radio. 2022 Integrated Communication, Navigation and Surveillance Conference (ICNS). 2022
もっと見る
MISC (219件):
  • 関口徹也, 日景隆, 山本学, 野島俊雄, 二ッ森俊一, 森岡和行, 河村暁子, 米本成人. 大規模FDTD解析を用いた4GHz帯WAICシステムのための機内-機外伝搬特性推定. 電子情報通信学会技術研究報告(Web). 2022. 121. 358(EST2021 56-93)
  • 佐藤亜衣, 日景隆, 山本学, 大宮学, 二ッ森俊一, 河村暁子, 米本成人. 地面反射を考慮した5G Sub-6GHz周波数帯小型航空機機内-機外伝搬特性推定. 電子情報通信学会技術研究報告(Web). 2022. 121. 358(EST2021 56-93)
  • 米本 成人, 河村 暁子, 二ッ森 俊一, 森岡 和行, 牧田 芳男, 村田 博司. 誘電体レンズを透過する熱雑音の相関受信方式による複素電力測定 (電磁界理論研究会・光・電波ワークショップ). 2021. 2021. 26. 29-34
  • 河村 暁子, 森岡 和行, 長縄 潤一, 二ッ森 俊一, 金田 直樹, 呂 暁東, 米本 成人, 住谷 泰人. AeroMACSを用いた空地通信技術の高度化に関する研究. 2021. 134. 33-45
  • 河村暁子, 森岡和行, 長縄潤一, 二ッ森俊一, 金田直樹, LU Xiaodong, 米本成人, 住谷泰人. AeroMACSを用いた空地通信技術の高度化に関する研究. 電子航法研究所報告. 2021. 134
もっと見る
特許 (10件):
学位 (1件):
  • 博士(工学) (北海道大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る