研究者
J-GLOBAL ID:201801008818783425   更新日: 2020年09月12日

二木 悠哉

Futagi Yuya
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): https://www.researchgate.net/profile/Yuya_Futagi
研究キーワード (5件): 構造生物学 ,  バイオインフォマティクス ,  薬物動態学 ,  アフリカツメガエル ,  トランスポーター
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2017 - 2020 モノカルボン酸輸送体1, 4の基質選択性の違いを決定する分子メカニズムの解明
論文 (13件):
  • 二木悠哉. Human monocarboxylate transporter 1, 4 (hMCT1, 4) の基質選択性の違いを決定する分子メカニズムに関する研究. 2020
  • Yuya Futagi, Katsuya Narumi, Ayako Furugen, Masaki Kobayashi, Ken Iseki. Molecular characterization of the orphan transporter SLC16A9, an extracellular pH- and Na+-sensitive creatine transporter. Biochemical and biophysical research communications. 2020. 522. 2. 539-544
  • Atsushi Yamaguchi, Yuya Futagi, Masaki Kobayashi, Katsuya Narumi, Ayako Furugen, Ken Iseki. Extracellular lysine 38 plays a crucial role in pH-dependent transport via human monocarboxylate transporter 1. Biochimica et biophysica acta. Biomembranes. 2020. 1862. 2. 183068-183068
  • Yuya Futagi, Masaki Kobayashi, Katsuya Narumi, Ayako Furugen, Ken Iseki. Homology modeling and site-directed mutagenesis identify amino acid residues underlying the substrate selection mechanism of human monocarboxylate transporters 1 (hMCT1) and 4 (hMCT4). Cellular and molecular life sciences : CMLS. 2019. 76. 24. 4905-4921
  • Yuya Futagi, Masaki Kobayashi, Katsuya Narumi, Ayako Furugen, Ken Iseki. Identification of a selective inhibitor of human monocarboxylate transporter 4. Biochemical and biophysical research communications. 2018. 495. 1. 427-432
もっと見る
MISC (2件):
  • 二木悠哉. Human monocarboxylate transporter 1, 4 (hMCT1, 4) の基質選択性の違いを決定する分子メカニズムに関する研究. 石川病薬ニュース. 2020. 174. 19-21
  • 二木 悠哉, 鳴海 克哉, 古堅 彩子, 小林 正紀, 井関 健. hMCT1のM69、F367残基が基質選択性に果たす役割. 日本薬学会年会要旨集. 2020. 140年会. 27M-am09S
講演・口頭発表等 (17件):
  • hMCT1のM69, F367残基が基質選択性に果たす役割
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • 細胞外側K38はhMCT1のゲート開閉をpH依存的に調節する
    (第14回トランスポーター研究会年会 2019)
  • hMCT1の細胞外側アミノ酸残基がL-乳酸輸送に及ぼす影響
    (日本薬学会北海道支部第146回例会 2019)
  • Identification of a selective inhibitor of human monocarboxylate transporter 4
    (International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX 2018)
  • hMCT1, 4の基質選択性に関わるアミノ酸残基の探索
    (日本薬学会第138年会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2016 - 2020 北海道大学 臨床薬学専攻
  • 2010 - 2016 北海道大学 薬学科
  • 2007 - 2010 石川県立金沢泉丘高等学校 理数科
学位 (1件):
  • 博士(臨床薬学) (北海道大学)
経歴 (2件):
  • 2017/04 - 2020/03 北海道大学 大学院生命科学院 日本学術振興会特別研究員
  • 2016/04 - 2017/03 北海道大学 大学院生命科学院 長井記念薬学研究奨励支援事業
受賞 (1件):
  • 2016/03 - 北海道大学クラーク記念財団 クラーク賞
所属学会 (4件):
日本病院薬剤師会 ,  日本医療薬学会 ,  日本薬物動態学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る