研究者
J-GLOBAL ID:201801011325406313   更新日: 2022年01月31日

平田 岳郎

ヒラタ タケロウ | Hirata Takero
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 腫瘍診断、治療学 ,  放射線科学
研究キーワード (2件): 放射線科学 ,  放射線腫瘍学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2023 深層学習ネットワークを用いた、高リスク前立腺癌に対する個別化定位放射線治療の開発
  • 2017 - 2018 患者志向の頭頸部癌高精度放射線治療計画法の確立に向けた新規有害事象予測モデル構築
論文 (26件):
  • Kazuhiko Hayashi, Osamu Suzuki, Hiroya Shiomi, Masataka Nakai, Kei Fujiwara, Erina Nakanishi, Shotaro Tatekawa, Takero Hirata, Keisuke Tamari, Haruhiko Hirata, et al. Stereotactic Ablative Radiotherapy Using CyberKnife for Stage I Non-small-cell Lung Cancer: A Retrospective Analysis. Anticancer research. 2022. 42. 1. 321-327
  • Yuichi Akino, Hiroya Shiomi, Fumiaki Isohashi, Osamu Suzuki, Yuji Seo, Keisuke Tamari, Takero Hirata, Hirokazu Mizuno, Kazuhiko Ogawa. Correction of lateral response artifacts from flatbed scanners for dual-channel radiochromic film dosimetry. Journal of radiation research. 2021. 62. 2. 319-328
  • Shotaro Tatekawa, Shigetoshi Shimamoto, Yoshiaki Miyata, Yutaro Yoshino, Takero Hirata, Keisuke Tamari, Yuji Seo, Fumiaki Isohashi, Yoshifumi Yamamoto, Atsuhiko Uno, et al. Monitoring expiratory carbon monoxide to study the effect of complete smoking cessation on definitive radiation therapy for early stage glottic carcinoma. Acta oncologica (Stockholm, Sweden). 2021. 60. 5. 1-14
  • Toshiki Ikawa, Takahiro Tabuchi, Koji Konishi, Masahiro Morimoto, Takero Hirata, Naoyuki Kanayama, Kentaro Wada, Masayasu Toratani, Sumiyo Okawa, Kazuhiko Ogawa, et al. Prolonged overall treatment time negatively affects the outcomes of stereotactic body radiotherapy for early-stage non-small-cell lung cancer: A propensity score-weighted, single-center analysis. PloS one. 2021. 16. 6. e0253203
  • Shingo Ohira, Naoyuki Kanayama, Kentaro Wada, Toshiki Ikawa, Takero Hirata, Noriko Kishi, Tsukasa Karino, Hayate Washio, Yoshihiro Ueda, Masayoshi Miyazaki, et al. Improvement of image quality and assessment of respiratory motion for hepatocellular carcinoma with portal vein tumor thrombosis using contrast-enhanced four-dimensional dual-energy computed tomography. PloS one. 2021. 16. 1. e0244079
もっと見る
MISC (16件):
講演・口頭発表等 (53件):
  • オリゴメタスタシスの治療戦略と定位放射線治療の役割
    (日本放射線技術学会近畿支部2021年度臨床技術セミナー3 2022)
  • シンポジウム 多発脳転移に対する最新の放射線治療技術 「多数個(5個以上)の脳転移に対するHyperArcTMを用いた定位放射線治療の治療成績と今後の展望」
    (日本放射線腫瘍学会第34回学術大会 2021)
  • 前立腺がんに対する放射線治療
    (【オンライン健康講座】ここまできた!前立腺がん放射線治療 2021)
  • シンポジウム 前立腺癌の小線源治療~深めること、広げること~ 「PSMA-PETの最新動向と小線源治療における活用への期待」
    (日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第23回学術大会 2021)
  • 前立腺癌放射線治療の進歩 -サイバーナイフによる定位放射線治療を中心に-
    (Osaka University Urology Web seminar 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2015 - 大阪大学大学院 医学専攻 修了 博士号取得
  • 2009 - 大阪大学 医学科 卒業
学位 (1件):
  • 博士(医学) (大阪大学大学院医学系研究科)
経歴 (5件):
  • 2021/04 - 大阪大学大学院医学系研究科 放射線治療学 助教
  • 2019/07 - 2021/03 大阪大学大学院医学系研究科 放射線治療学 特任助教(常勤)
  • 2013/04 - 2019/07 大阪国際がんセンター(旧大阪府立成人病センター) 放射線腫瘍科
  • 2015 - University Medical Center Groningen 客員研究員
  • 2011/04 - 2013/03 大阪大学大学院医学系研究科 放射線治療学
委員歴 (1件):
  • - 現在 日本放射線腫瘍学研究機構 脳・神経系腫瘍委員会
受賞 (2件):
  • 2019 - 大阪成人病予防協会 令和元年度成人病医学研究顕彰
  • 2015 - 大阪成人病予防協会 平成27年度成人病医学研究顕彰
所属学会 (3件):
日本放射線腫瘍学会 ,  日本医学放射線学会 ,  日本放射線腫瘍学研究機構
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る