研究者
J-GLOBAL ID:201801011325406313   更新日: 2020年10月16日

平田 岳郎

ヒラタ タケロウ | Hirata Takero
所属機関・部署:
職名: 特任助教(常勤)
研究分野 (2件): 放射線科学 ,  腫瘍診断、治療学
研究キーワード (2件): 放射線科学 ,  放射線腫瘍学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2023 深層学習ネットワークを用いた、高リスク前立腺癌に対する個別化定位放射線治療の開発
  • 2017 - 2018 患者志向の頭頸部癌高精度放射線治療計画法の確立に向けた新規有害事象予測モデル構築
論文 (19件):
  • Yuichi Akino, Shintaro Maruoka, Katsuyuki Yano, Hiroshi Abe, Fumiaki Isohashi, Yuji Seo, Keisuke Tamari, Takero Hirata, Manabu Kawakami, Yoshiki Nakae, et al. Commissioning of total body irradiation using plastic bead bags. Journal of radiation research. 2020
  • Naoyuki Kanayama, Shinji Otozai, Tadashi Yoshii, Masayasu Toratani, Toshiki Ikawa, Kentaro Wada, Takero Hirata, Masahiro Morimoto, Koji Konishi, Kazuhiko Ogawa, et al. Death unrelated to cancer and death from aspiration pneumonia after definitive radiotherapy for head and neck cancer. Radiotherapy and oncology : journal of the European Society for Therapeutic Radiology and Oncology. 2020. 151. 266-272
  • Kentaro Wada, Takero Hirata, Yuichiro Shinoda, Teruki Teshima. Feasibility and effectiveness of palliative intensity-modulated radiotherapy for carotid sinus syndrome secondary to recurrent head and neck cancer. BMJ case reports. 2020. 13. 6
  • Ryosuke Nakamura, Takero Hirata, Osamu Suzuki, Keisuke Otani, Naoki Kai, Koji Hatano, Kazutoshi Fujita, Motohide Uemura, Ryoichi Imamura, Kazunori Tanaka, et al. Stereotactic Body Radiotherapy Using CyberKnife® for Localized Low- and Intermediate-risk Prostate Cancer: Initial Report on a Phase I/II Trial. Anticancer research. 2020. 40. 4. 2053-2057
  • Noriko Kishi, Naoyuki Kanayama, Takero Hirata, Shingo Ohira, Kentaro Wada, Yoshifumi Kawaguchi, Koji Konishi, Shigenori Nagata, Shin-Ichi Nakatsuka, Shigeru Marubashi, et al. Preoperative Stereotactic Body Radiotherapy to Portal Vein Tumour Thrombus in Hepatocellular Carcinoma: Clinical and Pathological Analysis. Scientific reports. 2020. 10. 1. 4105-4105
もっと見る
MISC (15件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (47件):
  • 前立腺癌に対する定位放射線治療の線量増加試験
    (日本放射線腫瘍学会第33回学術大会 2020)
  • シンポジウム「オリゴ転移性腫瘍への治療戦略 「オリゴ転移性腫瘍へのがん治療と放射線治療の役割」
    (日本放射線腫瘍学会第33回学術大会 2020)
  • 要望演題 アフターコロナの放射線治療 頭頸部癌
    (日本放射線腫瘍学会第33回学術大会 2020)
  • 放射線医学が切り開くがん治療の最前線 「高精度放射線治療」
    (第80回日本医学放射線学会総会「レントゲンの日記念」市民公開講座 2020)
  • Withコロナのがん医療 頭頸部がんの放射線治療
    (JASTRO x COVID-19 #013 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2015 - 大阪大学大学院 医学専攻 修了 博士号取得
  • 2009 - 大阪大学 医学科 卒業
学位 (1件):
  • 博士(医学) (大阪大学大学院医学系研究科)
経歴 (4件):
  • 2019/07 - 現在 大阪大学大学院医学系研究科 放射線治療学 特任助教(常勤)
  • 2013/04 - 2019/07 大阪国際がんセンター(旧大阪府立成人病センター) 放射線腫瘍科
  • 2015 - University Medical Center Groningen 客員研究員
  • 2011/04 - 2013/03 大阪大学大学院医学系研究科 放射線腫瘍科
委員歴 (1件):
  • - 現在 日本放射線腫瘍学研究機構 脳・神経系腫瘍委員会
受賞 (2件):
  • 2019 - 大阪成人病予防協会 令和元年度成人病医学研究顕彰
  • 2015 - 大阪成人病予防協会 平成27年度成人病医学研究顕彰
所属学会 (3件):
日本放射線腫瘍学会 ,  日本医学放射線学会 ,  日本放射線腫瘍学研究機構
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る