研究者
J-GLOBAL ID:201801011573808010   更新日: 2022年07月05日

長谷川 亨

ハセガワ トオル | Toru Hasegawa
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www-hasegawa.ist.osaka-u.ac.jp/
研究分野 (1件): 情報ネットワーク
研究キーワード (3件): 情報指向ネットワーキング ,  プライバシー ,  ネットワーキング
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2023 クラスタ型NDNルータにおけるテラビット/秒高速パケット転送方式
  • 2019 - 2022 インターネットにおける名前プライバシー保護技術のモデル化
  • 2018 - 2021 ソーシャルメディア時代の高信頼災害時通信の研究開発
  • 2016 - 2021 IoTインターネットを支えるプ ライバシー保護ルーティング・ 輻輳制御技術
  • 2017 - 2020 高性能と低消費電力を両立する情報指向ネットワーキング用ルータアーキテクチャ
全件表示
論文 (73件):
  • 吉仲佑太郎, 武政淳二, 小泉佑揮, 長谷川亨. Feasibility of Network-layer Anonymity Protocols at Terabit Speeds using a Programmable Switch. IEEE International Conference on Network Softwarization(NetSoft). 2022. 1-5
  • 吉仲佑太郎, 武政淳二, 小泉佑揮, 長谷川亨. gPHI: Lightweight Anonymity Protocol for Anonymity at Host and AS Levels. IFIP Networking. 2022. 1-10
  • 北健太朗, 小泉佑揮, 長谷川亨. Private retrieval of location-related content using -anonymity and application to ICN. Computer Networks. 2022. 209
  • 長谷川亨, 山田翔太, 小泉佑揮. A Study on Privacy Protection in ICN Networks using Multiple Encryption Keys. Proceedings of 2021 International Conference on Emerging Technologies for Communications (ICETC 2021). 2021. 1-4
  • 樋口俊介, 武政淳二, 小泉佑揮, 田上敦士, 長谷川亨. Learned FIB: Fast IP Forwarding without Longest Prefix Matching. IEEE International Conference on Network Protocol (ICNP) 2021. 2021. 1-11
もっと見る
MISC (107件):
  • 長谷川 亨. Revisiting High-Speed Forwarding: Cases for State-full forwarding and Learned Index based Forwarding. 1st International Workshop on Theory and Practice of Programmable Forwarding. 2021
  • 小泉佑揮, 北川沢水, 笹沼涼介, 大木哲史, 河辺義信, 西垣正勝, 長谷川亨. 情報指向ネットワーク技術に基づくソーシャルメディア時代の災害通信アーキテクチャの設計. 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM). 2021. 2021
  • 吉岡 達哉, 松野 宏己, 鈴木 信雄, 玉井 森彦, 狐塚 正樹, 國弘 和明, 山下 翔大, 山本 高至, 小泉 佑揮, 長谷川 亨. 依頼講演 第5世代移動通信システムにおける動的な周波数共用のための機能間連携評価 (無線通信システム). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2017. 117. 246. 75-80
  • 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨. 高速なPCベースNDNルータのためのFIBのデータ構造とアルゴリズムの解析 (情報ネットワーク). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2017. 117. 205. 13-18
  • 栗原 佳輝, 劉 嘉い, 小泉 佑揮, 長谷川 亨. Z記法を用いた位置ベースフォワーディングにおける経路集約法の設計と評価 (情報ネットワーク). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2017. 117. 205. 49-54
もっと見る
特許 (7件):
学位 (1件):
  • 博士(情報学) (京都大学)
委員歴 (27件):
  • 2022/01 - 2022/12 国際会議IEEE Globecom 2022 プログラム委員
  • 2022/03 - 2022/11 国際会議IEEE ICNP 2022 プログラム委員
  • 2021/10 - 2022/09 国際会議ACM Information Centric Networking (ICN) 2022 組織委員長
  • 2021/11 - 2022/06 国際会議 IEEE LANMAN 2022 プログラム委員
  • 2021/11 - 2022/06 国際会議 IFIP Networking 2022 プログラム委員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2021/06 - 情報処理学会 功績賞
  • 2019/12 - 6th International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management (ICT-DM) Best Long Paper Award DiReCT: Disaster Response Coordination with Trusted Volunteers
  • 2019/06 - 電子情報通信学会通信ソサイエティ 電子情報通信学会通信ソサイエティ論文賞 Routing-Based Mobility Architecture for Future 5G Cellular Networks
  • 2018/06 - 電子情報通信学会通信ソサイエティ 通信ソサイエティ論文賞 NDN-Based Message Delivery with Collaborative Communication for Reducing Base Station Power Consumption in Disasters
  • 2016/10 - International Workshop on Hot Topics in Practical Networked Systems (HotPNS 2016) Best Paper Award Name-based geographical routing/forwarding support for location-based IoT services
全件表示
所属学会 (3件):
IEEE ,  情報処理学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る