研究者
J-GLOBAL ID:201801012210962863   更新日: 2021年04月30日

長野 真

ナガノ マコト | Nagano Makoto
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 腫瘍生物学 ,  細胞生物学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2021 - 2024 トランスゴルジネットワーク上で制御される新規なエンドソーム形成機構の解明
  • 2013 - 2016 3次元的接着環境下でのがん増殖メカニズムと細胞外分泌小胞によるその制御機構の解析
  • 2012 - 2015 ZF21-FAK軸が制御するリン酸化タンパク質の網羅的同定とその定量的解析
  • 2010 - 2014 がん悪性形質を制御するNodal PointとしてのMT1-MMPの解析
  • 2011 - 2013 新規な細胞運動促進因子ZF21を標的とした実験的癌浸潤抑制方法の確立
全件表示
論文 (26件):
  • Makoto Nagano, Daisuke Hoshino, Jiro Toshima, Motoharu Seiki, Naohiko Koshikawa. NH2-terminal fragment of ZF21 protein suppresses tumor invasion via inhibiting the interaction of ZF21 with FAK. Cancer Science. 2020
  • Nagano M, Toshima JY, Elisabeth Siekhaus D, Toshima J. Rab5-mediated endosome formation is regulated at the trans-Golgi network. Communications biology. 2019. 2. 419
  • Abe M, Saito M, Tsukahara A, Shiokawa S, Ueno K, Shimamura H, Nagano M, Toshima JY, Toshima J. Functional complementation reveals that 9 of the 13 human V-ATPase subunits can functionally substitute for their yeast orthologs. The Journal of biological chemistry. 2019. 294. 20. 8273-8285
  • Shimamura H, Nagano M, Nakajima K, Toshima JY, Toshima J. Rab5-independent activation and function of yeast Rab7-like protein, Ypt7p, in the AP-3 pathway. PloS one. 2019. 14. 1. e0210223
  • Miyashita M, Kashikuma R, Nagano M, Toshima JY, Toshima J. Live-cell imaging of early coat protein dynamics during clathrin-mediated endocytosis. BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR CELL RESEARCH. 2018. 1865. 11. 1566-1578
もっと見る
MISC (1件):
書籍 (2件):
  • メンブレントラフィック 第14章 酵母を用いたメンブレントラフィック研究
    化学同人 2016 ISBN:9784759817232
  • がん生物学イラストレイテッド 第5章-1 細胞運動と浸潤
    羊土社 2011 ISBN:9784758120210
講演・口頭発表等 (127件):
  • 塩基性両親媒性薬剤の細胞内小胞輸送経路に与える影響
    (第93回 日本生化学会大会 2020)
  • 出芽酵母におけるゴルジ局在Rab11およびPI4キナーゼを介したRab5局在エンドソーム形成機構
    (第93回 日本生化学会大会 2020)
  • 出芽酵母Rab6ホモログYpt6pのエンドサイトーシスーリサイクリング経路における役割
    (第93回 日本生化学会大会 2020)
  • ゴルジ体における糖鎖修飾抑制のエンドサイトーシスに与える影響
    (第93回 日本生化学会大会 2020)
  • ゴルジ体PI4キナーゼPik1pによるポストゴルジ体輸送経路を介したエンドサイトーシス経路の制御
    (第93回 日本生化学会大会 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2003 - 2008 東京大学大学院 病因・病理学専攻
  • - 2008 東京大学 病因・病理学
  • 2001 - 2003 岐阜薬科大学大学院
  • 1997 - 2001 岐阜薬科大学 製造薬学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2017/04 - 現在 東京理科大学 基礎工学部 助教
  • 2015/04 - 2017/03 東京理科大学 基礎工学部 博士研究員
  • 2013/04 - 2015/03 東京理科大学 RNA総合研究センター 博士研究員
  • 2010/04 - 2013/03 摂南大学 薬学部 助教
  • 2009/04 - 2010/03 東京大学 医科学研究所 博士研究員
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る