研究者
J-GLOBAL ID:201801013628383416   更新日: 2024年02月14日

松尾 芳隆

Matsuo Yoshitaka
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 分子生物学
研究キーワード (5件): 翻訳伸長 ,  ユビキチン化 ,  品質管理 ,  リボソーム生合成 ,  リボソーム
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2023 - 2025 分泌系タンパク質の配送における非典型的な翻訳終結反応の分子機構と生理機能の解明
  • 2022 - 2025 コドンの最適度に依存したmRNAの安定性制御機構と転写誘導・抑制の統合的理解
  • 2021 - 2024 リボソームの交通渋滞を解消するしくみと生理的意義の解明
  • 2021 - 2023 分泌系タンパク質の配送における非典型的な翻訳終結反応の分子機構と生理機能の解明
  • 2021 - 2023 ケモテクノロジーを活用したリボソームユビキチンコードの解読と制御
全件表示
論文 (24件):
  • Ken Ikeuchi, Nives Ivic, Robert Buschauer, Jingdong Cheng, Thomas Fröhlich, Yoshitaka Matsuo, Otto Berninghausen, Toshifumi Inada, Thomas Becker, Roland Beckmann. Molecular basis for recognition and deubiquitination of 40S ribosomes by Otu2. Nature communications. 2023. 14. 1. 2730-2730
  • Katharina Best, Ken Ikeuchi, Lukas Kater, Daniel Best, Joanna Musial, Yoshitaka Matsuo, Otto Berninghausen, Thomas Becker, Toshifumi Inada, Roland Beckmann. Structural basis for clearing of ribosome collisions by the RQT complex. Nature communications. 2023. 14. 1. 921-921
  • Petr Tesina, Shuhei Ebine, Robert Buschauer, Matthias Thoms, Yoshitaka Matsuo, Toshifumi Inada, Roland Beckmann. Molecular basis of eIF5A-dependent CAT tailing in eukaryotic ribosome-associated quality control. Molecular cell. 2023. 83. 4. 607-621
  • Yoshitaka Matsuo, Toshifumi Inada. Co-Translational Quality Control Induced by Translational Arrest. Biomolecules. 2023. 13. 2. 317-317
  • Shota Tomomatsu, Atsuya Watanabe, Petr Tesina, Satoshi Hashimoto, Ken Ikeuchi, Sihan Li, Yoshitaka Matsuo, Roland Beckmann, Toshifumi Inada. Two modes of Cue2-mediated mRNA cleavage with distinct substrate recognition initiate no-go decay. Nucleic acids research. 2023. 51. 1. 253-270
もっと見る
MISC (28件):
  • 松尾芳隆, 稲田利文. 異常翻訳に惹起される品質管理と細胞応答. 月刊 細胞. 2022. 54. 12. 4-7
  • 松尾芳隆. リボソームの交通事情と遺伝子発現. 生物工学会誌. 2021. 99. 2. 81
  • 松尾芳隆、稲田利文. コドンの最適性を監視しmRNAの安定性を決定する新たなしくみ. 実験医学. 2020. 38. 14. 2376-2379
  • 海老根修平, 水野雅人, 庄内王功人, 中島静香, 友松翔太, 池内健, 池内健, 松尾芳隆, 稲田利文. 60Sサブユニット内の新生鎖の特性が品質管理機構におけるRQC2依存性を決定する. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2020. 43rd
  • 松尾芳隆. リボソームのユビキチン化による翻訳の強制終了が新生ペプチド鎖の分解を誘導する. 生化学. 2019. 91. 2. 250-254
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 2006 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科
  • 2001 - 2003 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科
  • 1997 - 2001 日本大学 理工学部 工業化学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (NAIST)
経歴 (5件):
  • 2021/05 - 現在 東京大学 医科学研究所 准教授
  • 2020/05 - 2021/04 東北大学 大学院薬学研究科 講師
  • 2013/11 - 2020/04 東北大学 大学院薬学研究科 助教
  • 2008/04 - 2013/10 ハイデルベルク大学 生化学センター 研究員
  • 2006/04 - 2008/03 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 研究員
委員歴 (2件):
  • 2024/01 - 現在 日本ゲノム微生物学会 評議員
  • 2019/01 - 2022/12 日本生化学会 「生化学」誌企画協力委員
受賞 (3件):
  • 2020/09 - 酵母遺伝学フォーラム 第53回研究報告会・会長賞
  • 2016/07 - The 21st Annual Meeting of the RNA Society Poster award
  • 2008/07 - Alexander von Humboldt Foundation Humboldt Research Fellowship (2008-2010)
所属学会 (4件):
日本ゲノム微生物学会 ,  日本生化学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本RNA学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る