研究者
J-GLOBAL ID:201801013628383416   更新日: 2021年06月21日

松尾 芳隆

Matsuo Yoshitaka
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 分子生物学
研究キーワード (5件): 翻訳伸長 ,  ユビキチン化 ,  品質管理 ,  リボソーム生合成 ,  リボソーム
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2021 - 2023 ケモテクノロジーを活用したリボソームユビキチンコードの解読と制御
  • 2019 - 2022 出芽酵母における翻訳停滞に起因する品質管理機構の誘導メカニズムの解明
  • 2020 - 2021 翻訳伸長の異常を感知する品質管理機構の破綻によるミトコンドリア機能不全の原因解明
  • 2018 - 2020 翻訳停滞に起因する品質管理機構の分子メカニズムおよびその生理的意義の解明
  • 2016 - 2018 出芽酵母における翻訳停滞に起因する品質管理機構の解明
全件表示
論文 (15件):
  • Yuichiro Mita, Risa Uchida, Sayuri Yasuhara, Kohei Kishi, Takayuki Hoshi, Yoshitaka Matsuo, Tadashi Yokooji, Yoshino Shirakawa, Takashi Toyama, Yasuomi Urano, et al. Identification of a novel endogenous long non-coding RNA that inhibits selenoprotein P translation. Nucleic Acids Research. 2021
  • Yoshitaka Matsuo, Toshifumi Inada. The ribosome collision sensor Hel2 functions as preventive quality control in the secretory pathway. Cell Reports. 2021. 34. 12. 108877-108877
  • Yuka Takehara, Hideki Yashiroda, Yoshitaka Matsuo, Xian Zhao, Akane Kamigaki, Tetsuo Matsuzaki, Hidetaka Kosako, Toshifumi Inada, Shigeo Murata. The ubiquitination-deubiquitination cycle on the ribosomal protein eS7A is crucial for efficient translation. iScience. 2021. 24. 3. 102145-102145
  • Masato Mizuno, Shuhei Ebine, Okuto Shounai, Shizuka Nakajima, Shota Tomomatsu, Ken Ikeuchi, Yoshitaka Matsuo, Toshifumi Inada. The nascent polypeptide in the 60S subunit determines the Rqc2-dependency of ribosomal quality control. Nucleic acids research. 2021. 49. 4. 2102-2113
  • Yasuko Matsuki*, Yoshitaka Matsuo*, Yu Nakano, Shintaro Iwasaki, Hideyuki Yoko, Tsuyoshi Udagawa, Sihan Li, Yasushi Saeki, Tohru Yoshihisa, Keiji Tanaka, et al. Ribosomal protein S7 ubiquitination during ER stress in yeast is associated with selective mRNA translation and stress outcome. Scientific reports. 2020. 10. 1. 19669-19669
もっと見る
MISC (5件):
学歴 (3件):
  • 2003 - 2006 奈良先端科学技術大学院大学
  • 2001 - 2003 奈良先端科学技術大学院大学
  • 1997 - 2001 日本大学 工業化学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (奈良先端科学技術大学院大学)
経歴 (5件):
  • 2021/05 - 現在 東京大学 医科学研究所 准教授
  • 2020/05 - 2021/04 東北大学 大学院薬学研究科 講師
  • 2013/11 - 2020/04 東北大学 大学院薬学研究科 助教
  • 2008/04 - 2013/10 ハイデルベルク大学 生化学センター 研究員
  • 2006/04 - 2008/03 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 研究員
受賞 (3件):
  • 2020/09 - 酵母遺伝学フォーラム 第53回研究報告会・会長賞
  • 2016/07 - The 21st Annual Meeting of the RNA Society Poster award
  • 2008/07 - Alexander von Humboldt Foundation Humboldt Research Fellowship (2008-2010)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る