研究者
J-GLOBAL ID:201801014278163058   更新日: 2022年05月13日

村松 史隆

ムラマツ フミタカ | Muramatsu Fumitaka
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 腫瘍生物学
研究キーワード (5件): ,  腫瘍血管 ,  腫瘍学 ,  生体イメージング ,  血管新生
論文 (17件):
  • Weizhen Jia, Lingyu Kong, Hiroyasu Kidoya, Hisamichi Naito, Fumitaka Muramatsu, Yumiko Hayashi, Han Yun Hsieh, Daishi Yamakawa, Daniel K. Hsu, Fu Tong Liu, et al. Indispensable role of Galectin-3 in promoting quiescence of hematopoietic stem cells. Nature Communications. 2021. 12. 1
  • R. Ichijo, M. Kabata, H. Kidoya, F. Muramatsu, R. Ishibashi, K. Abe, K. Tsutsui, H. Kubo, Y. Iizuka, S. Kitano, et al. Vasculature-driven stem cell population coordinates tissue scaling in dynamic organs. Science Advances. 2021. 7. 7
  • Yohei Tsukada, Fumitaka Muramatsu, Yumiko Hayashi, Chiaki Inagaki, Hang Su, Tomohiro Iba, Hiroyasu Kidoya, Nobuyuki Takakura. An in vivo model allowing continuous observation of human vascular formation in the same animal over time. Scientific Reports. 2021. 11. 1
  • Hiroyasu Kidoya, Fumitaka Muramatsu, Teppei Shimamura, Weizhen Jia, Takashi Satoh, Yumiko Hayashi, Hisamichi Naito, Yuya Kunisaki, Fumio Arai, Masahide Seki, et al. Regnase-1-mediated post-transcriptional regulation is essential for hematopoietic stem and progenitor cell homeostasis. Nature Communications. 2019. 10. 1. 1072-1072
  • Hayashi Y, Jia W, Kidoya H, Muramatsu F, Tsukada Y, Takakura N. Galectin-3 Inhibits Cancer Metastasis by Negatively Regulating Integrin β3 Expression. The American journal of pathology. 2019. 189. 4. 900-910
もっと見る
MISC (1件):
  • M. Sawane, K. Kajiya, H. Kidoya, F. Muramatsu, N. Takakura. Apelin attenuates UVB-induced inflammation by promoting the stabilization of lymphatic vessels. JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY. 2009. 129. S2-S2
書籍 (2件):
  • 月刊 細胞
    ニューサイエンス社 2018
  • 血管医学
    メディカルレビュー社 2013
講演・口頭発表等 (17件):
  • グリオーマ腫瘍血管は、セルロプラスミンによる鉄イオン代謝を介して薬剤耐性を促す微小環境を構築する
    (第79回日本癌学会学術総会 2020)
  • Vascular Niche Signals via Ceruloplasmin-Iron Ion Metabolism Promote Glioma Resistance to Anticancer Drugs
    (21st International Vascular Biology Meeting 2020)
  • 化学療法耐性神経膠芽腫の生体イメージング解析
    (2018)
  • がん患者由来腫瘍を用いた in vivo ヒト腫瘍血管モデルの開発
    (2018)
  • An in vivo model of human tumor blood vessels using patient-derived tumor: the development
    (2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2013 - 2017 大阪大学院 医学専攻博士
  • 2007 - 2011 大阪大学 医学科
  • 2005 - 2007 京都大学院 生物科学専攻修士
  • 2001 - 2005 京都大学 理学科
学位 (1件):
  • 医学 (大阪大学)
経歴 (5件):
  • 2021/06 - 現在 大阪大学 微生物病研究所 情報伝達分野 助教
  • 2018/11/01 - 2021/06 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 特任研究員
  • 2017/04 - 2018/10 大阪大学 微生物病研究所 情報伝達分野 特任研究員
  • 2013/04/01 - 2017/03/31 大阪大学 医学系研究科 医学専攻 大学院生(博士課程)
  • 2011/04 - 2013/03 市立伊丹病院 初期臨床研修医
委員歴 (1件):
  • 2017/12 - 現在 日本血管生物医学会 評議員
受賞 (3件):
  • 2018/06 - 日本血管生物医学会 トラベルアワード
  • 2018/06 - International Scientific Program Committee IVBM2018 トラベルグラント
  • 2017/07 - KVSMO 2017 & 15th Japan-Korea Joint Symposium of Vascular Biology Travel award
所属学会 (3件):
日本癌学会 ,  日本血管生物医学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る