研究者
J-GLOBAL ID:201801014278163058   更新日: 2020年09月01日

村松 史隆

ムラマツ フミタカ | Fumitaka Muramatsu
所属機関・部署:
職名: 特任研究員
研究分野 (1件): 腫瘍生物学
研究キーワード (5件): ,  腫瘍血管 ,  腫瘍学 ,  生体イメージング ,  血管新生
論文 (46件):
  • Hayashi, Y, Jia, W, Kidoya, H, Muramatsu, F, Tsukada, Y, Takakura, N. Galectin-3 Inhibits Cancer Metastasis by Negatively Regulating Integrin β3 Expression. 2019. 189. 4. 900-910
  • Kidoya H, Muramatsu F, Shimamura T, Jia W, Satoh T, Hayashi Y, Naito H, Kunisaki Y, Arai F, Seki M, et al. Regnase-1-mediated post-transcriptional regulation is essential for hematopoietic stem and progenitor cell homeostasis. Nature Communications. 2019. 10. 1072
  • Naito H, Iba T, Wakabayashi T, Tai-Nagara I, Suehiro JI, Jia W, Eino D, Sakimoto S, Muramatsu F, Kidoya H, et al. TAK1 Prevents Endothelial Apoptosis and Maintains Vascular Integrity. Dev Cell. 2019. 48. 2. 151-166
  • 塚田陽平, 村松史隆, 木戸屋浩康, 高倉伸幸. がん患者由来腫瘍を用いた in vivo ヒト腫瘍血管モデルの開発. 2018
  • 村松 史隆, 木戸屋 浩康, 塚田 陽平, 林 弓美子, 高倉 伸幸. 化学療法耐性神経膠芽腫の生体イメージング解析. 2018
もっと見る
MISC (1件):
  • M. Sawane, K. Kajiya, H. Kidoya, F. Muramatsu, N. Takakura. Apelin attenuates UVB-induced inflammation by promoting the stabilization of lymphatic vessels. JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY. 2009. 129. S2-S2
書籍 (2件):
  • 月刊 細胞
    ニューサイエンス社 2018
  • 血管医学
    メディカルレビュー社 2013
学歴 (4件):
  • 2013 - 2017 大阪大学院 医学専攻博士
  • 2007 - 2011 大阪大学 医学科
  • 2005 - 2007 京都大学院 生物科学専攻修士
  • 2001 - 2005 京都大学 理学科
学位 (1件):
  • 医学 (大阪大学)
経歴 (3件):
  • 2018/10 - 現在 大阪大学 免疫学フロンティアセンター 特任研究員
  • 2017/04 - 2018/09 大阪大学 微生物病研究所 特任研究員
  • 2011/04 - 2013/03 市立伊丹病院 初期臨床研修医
委員歴 (1件):
  • 2017/12 - 現在 日本血管生物医学会 評議員
受賞 (1件):
  • 2018/06 - 日本血管生物医学会 トラベルアワード
所属学会 (2件):
日本癌学会 ,  日本血管生物医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る