研究者
J-GLOBAL ID:201801015753676339   更新日: 2021年10月21日

上田 智朗

UEDA TOMOAKI
所属機関・部署:
研究キーワード (1件): 造血幹細胞
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2022 造血幹細胞抗原ESAMの欠損が胎生期に致死的な赤血球造血不全をきたすメカニズム
  • 2018 - 2021 老化に伴う造血幹細胞のリンパ球産生機能低下を制御する方法の開発
論文 (23件):
もっと見る
MISC (8件):
  • 長手 泰宏, 江副 幸子, 藤田 二郎, 横田 貴史, 一井 倫子, 谷村 朗, 濱中 有理, 土居 由貴子, 上田 智朗, 戸田 淳, et al. ATLL細胞はCD39を高発現し、Adenosine経路を介して免疫応答を抑制する(CD39 is highly expressed on ATLL cells and suppresses immune response through the adenosine pathway). 臨床血液. 2018. 59. 9. 1495-1495
  • 新開 泰宏, 横田 貴史, 小澤 孝幸, 上田 智朗, 土居 由貴子, 石橋 知彦, 数藤 孝雄, 谷村 朗, 一井 倫子, 江副 幸子, et al. 自分泌/傍分泌サイトカインシグナル伝達を介した白血病幹細胞の自動的ゆらぎ(Autonomous fluctuation of leukemia stem cells via autocrine/paracrine cytokine signaling). 臨床血液. 2018. 59. 9. 1566-1566
  • 土居 由貴子, 横田 貴史, 佐藤 友亮, 石橋 知彦, 数藤 孝雄, 上田 智朗, 新開 泰宏, 小澤 孝幸, 一井 倫子, 谷村 朗, et al. クロマチン構造制御蛋白SATB1はリンパ球分化における造血幹細胞の機能的ゆらぎに関与する(Variable SATB1 levels regulate hematopoietic stem cell heterogeneity with distinct lineage fate). 臨床血液. 2018. 59. 9. 1575-1575
  • Yukiko Doi, Takafumi Yokota, Yusuke Satoh, Tomoaki Ueda, Yasuhiro Shingai, Michiko Ichii, Akira Tanimura, Sachiko Ezoe, Hirohiko Shibayama, Kenji Oritani, et al. SATB1 Expression Helps in Identification of the Lymphoid-Lineage-Biased Trajectory of Functionally Fluctuating Hematopoietic Stem Cells. BLOOD. 2016. 128. 22
  • Tomoaki Ueda, Takafumi Yokota, Yasuhiro Shingai, Yukiko Doi, Tomohiko Ishibashi, Takao Sudo, Yasuhiro Nagate, Akira Tanimura, Masahiro Tokunaga, Jiro Fujita, et al. Endothelial Cell-Selective Adhesion Molecule (ESAM) Is Required for the Ontogeny of Definitive Hematopoietic System in Mice. BLOOD. 2016. 128. 22
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2014 - 2020 大阪大学 医学専攻
  • 2001 - 2007 大阪大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (大阪大学)
経歴 (5件):
  • 2021/04 - 現在 大阪大学 大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学 助教
  • 2014/04 - 2021/03 大阪大学 医学部附属病院 血液・腫瘍内科 医員
  • 2012/04 - 2014/03 倉敷中央病院 血液内科 専門修練医
  • 2009/04 - 2012/03 倉敷中央病院 血液内科 後期研修医
  • 2007/04 - 2009/03 住友病院 総合診療科 初期研修医
受賞 (2件):
  • 2018/12 - American Society of Hematology Abstract Achievement Award ESAM on the cells of endothelial lineage plays an important role in the development of definitive hematopoiesis
  • 2016/12 - American Society of Hematology Abstract Achievement Award Endothelial Cell-Selective Adhesion Molecule (ESAM) Is Required for the Ontogeny of Definitive Hematopoietic System in Mice
所属学会 (5件):
日本輸血・細胞治療学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  日本造血細胞移植学会 ,  日本血液学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る