研究者
J-GLOBAL ID:201801016593933204   更新日: 2020年09月19日

坂野 遼平

バンノ リョウヘイ | Banno Ryohei
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): https://www.rbanno.net/http://www.rbanno.net/
研究分野 (2件): ソフトウェア ,  情報ネットワーク
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2022 省リソース性に優れた分散台帳技術の研究
  • 2019 - 2022 高い即時性を備えた分散pub/subメッセージング技術
  • 2020 - 2021 分散台帳技術におけるセキュアかつ高速な情報伝搬アルゴリズムの研究
  • 2018 - 2019 pub/subメッセージングにおける負荷分散性と低遅延性の並立
論文 (29件):
  • Kai Otsuki, Ryohei Banno, Kazuyuki Shudo. Quantitatively Analyzing Relay Networks in Bitcoin. Proceedings of The IEEE IEEE International Conference on Blockchain. 2020
  • Ryunosuke Nagayama, Ryohei Banno, Kazuyuki Shudo. Trail: A Blockchain Architecture for Light Nodes. Proceedings of The;IEEE Symposium on Computers;Communications (ISC. 2020
  • Ryunosuke Nagayama, Ryohei Banno, Kazuyuki Shudo. Identifying Impacts of Protocol and Internet Development on the Bitcoin Network. Proceedings of The IEEE Symposium on Computers and Communications (ISCC). 2020
  • Ryohei Banno, Kazuyuki Shudo. Adaptive Topology for Scalability and Immediacy in Distributed Publish/Subscribe Messaging. Proceedings of the Annual IEEE International Computers, Software & Applications Conference (COMPSAC). 2020
  • Ryohei Banno, Kazuyuki Shudo. An Efficient Routing Method for Range Queries in Skip Graph. IEICE Transactions on Information and Systems. 2020. E103-D. 3
もっと見る
MISC (5件):
  • Ryunosuke Nagayama, Ryohei Banno, Kazuyuki Shudo. Trail: A Blockchain Architecture for Light Nodes. arXiv:2007.08066. 2020. 1-7
  • Ryunosuke Nagayama, Kazuyuki Shudo, Ryohei Banno. Simulation of the Bitcoin Network Considering Compact Block Relay and Internet Improvements. arXiv:1912.05208. 2019. 1-4
  • Ryohei Banno. Report on Internet Conference 2018 (IC2018). Global News Letter. 2019. 43. 1. 38-38
  • Yusuke Aoki, Kai Otsuki, Takeshi Kaneko, Ryohei Banno, Kazuyuki Shudo. SimBlock: A Blockchain Network Simulator. arXiv:1901.09777. 2019. 1-5
  • 坂野 遼平. IoTに適した分散pub/sub基盤の実現へ向けて. 情報処理. 2016. 57. 8
特許 (8件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • IoTを支えるMQTTプロトコルとその技術動向
    (電子情報通信学会ネットワークシステム研究会 2020)
  • 国際標準化とビジネス戦略(2)
    (電子情報通信学会ソサイエティ大会 2016)
  • 国際標準oneM2Mの動向とNTTにおける取り組み
    (電子情報通信学会ソサイエティ大会 2016)
学歴 (3件):
  • 2014 - 2018 東京工業大学 数理・計算科学専攻
  • 2010 - 2012 北海道大学 複合情報学専攻
  • 2006 - 2010 北海道大学 情報エレクトロニクス学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京工業大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 工学院大学 情報学部 情報通信工学科 助教
  • 2018/09 - 現在 東京工業大学 情報理工学院 特別研究員
  • 2018/09 - 2020/03 東京工業大学 非常勤講師
  • 2018/04 - 2020/03 東京工業大学 情報理工学院 研究員
  • 2012/04 - 2018/03 日本電信電話株式会社 未来ねっと研究所 研究員
委員歴 (8件):
  • 2017 - 現在 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究専門委員会 幹事補佐
  • 2015 - 現在 IEEE COMPSAC Program Committee Member
  • 2019 - 2020 EAI MONAMI Program Committee Member
  • 2019 - 2020 情報処理学会 Journal of Information Processing 編集委員
  • 2019 - 2020 電子情報通信学会 英文論文誌B 特集号 編集幹事
全件表示
受賞 (12件):
  • 2020/09 - 船井情報科学振興財団 FIT船井ベストペーパー賞
  • 2020/06 - 船井情報科学振興財団 船井研究奨励賞
  • 2020/02 - 井上科学振興財団 井上研究奨励賞
  • 2019/06 - 電子情報通信学会IA研究会 2018年度優秀研究賞
  • 2018/09 - 東京工業大学 末松賞「ディジタル技術の基礎と展開」支援
全件表示
所属学会 (4件):
IEEE ,  電子情報通信学会 ,  情報処理学会 ,  IEEE Computer Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る