研究者
J-GLOBAL ID:201801018180127814   更新日: 2020年09月01日

二宮 和彦

Ninomiya Kazuhiko
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理
論文 (63件):
  • I.H. Hashim, H. Ejiri, F. Othman, F. Ibrahim, F. Soberi, N.N.A.M.A. Ghani, T. Shima, A.Sato, K.Ninomiya. Nuclear isotope production by ordinary muon capture reaction. Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment. 2020
  • Kazuhiko Ninomiya, Meito Kajino, Makoto Inagaki, Kentaro Terada, Akira Sato, Dai Tomono, Yoshitaka Kawashima, Atsushi Shinohara. Per atom muon capture ratios and effects of molecular structure on muon capture by γ-Fe2O3 and Fe3O4. Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry. 2020. 324. 1. 403-408
  • 二宮 和彦, 久保 謙哉, 齋藤 努, 新倉 潤, 佐藤 朗, 寺田 健太郎, 齋藤 岳志, 松崎 禎一郎, 友野 大, 川島 祥孝, et al. 連続ミューオン源RCNP-MuSICを用いた非接触での物体内部の元素濃度分析実験. RADIOISOTOPES. 2020. 69. 1. 13-17
  • Kazuhiko Ninomiya, Takuto Kudo, Patrick Strasser, Kentaro Terada, Yosuke Kawai, Motonobu Tampo, Yasuhiro Miyake, Atsushi Shinohara, Kenya M. Kubo. Development of non-destructive isotopic analysis methods using muon beams and their application to the analysis of lead. Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry. 2019. 320. 3. 801-805
  • Zijian Zhang, Junya Igarashi, Yukihiko Satou, Kazuhiko Ninomiya, Keisuke Sueki, Atsushi Shinohara. Activity of 90Sr in Fallout Particles Collected in the Difficult-to-Return Zone around the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. Environ. Sci. Technol. 2019. 53. 10. 5868-5876
もっと見る
MISC (28件):
  • 二宮和彦, 北和之, 篠原厚, 河津賢澄, 箕輪はるか, 藤田将史, 大槻勤, 高宮幸一, 木野康志, 小荒井一真, et al. 福島第一原子力発電所近隣における土壌中放射性物質の調査 2016~放射性セシウムの深度分布~. KEK Proceedings (Web). 2018. 2018-7. 41-44 (WEB ONLY)
  • 二宮和彦, 北和之, 篠原厚, 河津賢澄, 箕輪はるか, 藤田将史, 大槻勤, 高宮幸一, 木野康志, 小荒井一真, et al. 福島第一原子力発電所近隣における事故5年後の土壌中放射性物質の深度分布. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2018. 2018. ROMBUNNO.MAG33-10 (WEB ONLY)
  • 二宮和彦, 北和之, 篠原厚, 河津賢澄, 箕輪はるか, 藤田将史, 大槻勤, 高宮幸一, 木野康志, 小荒井一真, et al. 福島第一原子力発電所近隣における2016年採取土壌の放射性セシウムの深度分布. 日本放射化学会年会・放射化学討論会研究発表要旨集(Web). 2018. 2018-62nd. ROMBUNNO.P24 (WEB ONLY)
  • 吉岡颯, 大河内博, CHO Gai, 勝見尚也, 二宮和彦, 北和之, 五十嵐康人. 福島県浪江町の里山における大気エアロゾル中放射性セシウム濃度に及ぼす山林火災の影響. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2018. 2018. ROMBUNNO.MAG33-P08 (WEB ONLY)
  • 北和之, 林奈穂, 南光太郎, 木村茉央, 五十嵐康人, 足立光司, 牧輝弥, 石塚正秀, 大河内博, 古川純, et al. 福島高線量地区における夏季大気セシウム放射能濃度増加とバイオエアロゾル. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2018. 2018. ROMBUNNO.MAG33-15 (WEB ONLY)
もっと見る
書籍 (2件):
  • 放射化学の事典
    朝倉書店 2015 ISBN:9784254140989
  • Low-dose radiation effects on animals and ecosystems : long-term study on the Fukushima Nuclear Accident
    ISBN:9789811382178
講演・口頭発表等 (46件):
  • Development of non-destructive elemental analysis method by muonic X-ray measurement
    (日本化学会 第100春季年会 (2020) 2020)
  • Non-destructive identification of carbon content in iron product by muon lifetime measurement
    (日本鉄鋼協会、第179回春季講演大会 2020)
  • 福島原発事故により放出された放射性 Cs 濃集粒子に含まれる Sr, Pu 量から推測される生成過程
    (日本原子力学会2020年春の年会 2020)
  • IP画像分析による福島原発周辺土壌中の不溶性粒子の分布調査
    (第21回環境放射能研究会 2020)
  • 福島原発事故により放出されたタイプの異なる不溶性粒子のSr,Pu分析
    (第21回環境放射能研究会 2020)
もっと見る
受賞 (2件):
  • 2020/03 - 日本中間子科学会 奨励賞
  • 2016/09 - 日本放射化学会 日本放射化学会学会賞(奨励賞)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る