機関
J-GLOBAL ID:200905034931544726   機関コード:0336003000 更新日: 2020年01月21日

広島大学 自然科学研究支援開発センター

ヒロシマダイガク シゼンカガクケンキュウシエンカイハツセンター, Hiroshima University Natural Science Center for Basic Research and Development
代表者: センター長 檜山 英三
設立年: 2003
住所: 遺伝子実験部門,アイソトープ総合部門:〒739-8527 広島県東広島市鏡山1-4-2 生命科学実験部門:〒734-8551 広島県広島市南区霞1-2-3 低温・機器分析部門:〒739-8526 広島県東広島市鏡山1-3-1
電話番号: 082-424-5863
FAX番号: 082-424-5890
沿革 (1件):
  • 2003/04
    広島大学自然科学研究支援開発センター設立
設置目的:
高度な自然科学の教育・研究・開発を支援するために、高度先端研究機器・
設備の集約化と一元管理・運営を行うことにより教育研究支援体制を強化し、
自然科学各分野の一層の進展と、それから生まれる新たな学際的研究を推進
する。
事業概要:
生命科学、健康科学、物質科学、環境科学には欠かせない、生物化学実験、動物
実験、遺伝子実験、遺伝子組換え(改変)生物実験、各種機器分析、アイソトー
プ実験などに適切で優れた環境と技術を提供し、遺伝子、動物実験、寒剤供給、
低温技術及び放射性同位元素を利用したトレーサー実験に関する教育・技術指導
など、自然科学分野の教育研究支援を総合的に行うとともに、生命科学及び物質
科学関連のプロジェクト研究を推進し、幅広い先端的な基礎研究基盤の充実とと
もに応用研究へと発展させる。
研究分野 (2件): ライフサイエンス ,  ナノテク・材料
上位組織 (1件):

前のページに戻る