研究者
J-GLOBAL ID:201801019292044942   更新日: 2021年11月18日

近藤 位旨

コンドウ タカシ | Kondo Takashi
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (1件): 食品科学
研究キーワード (2件): 食物繊維 ,  栄養
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 健康食品による健康被害情報を踏まえた安全性評価系の開発に関する研究
論文 (11件):
  • Yuko Tousen, Ryota Ichimaru, Takashi Kondo, Masaki Inada, Chisato Miyaura, Yoshiko Ishimi. The Combination of Soy Isoflavones and Resveratrol Preserve Bone Mineral Density in Hindlimb-Unloaded Mice. Nutrients. 2020. 12. 7
  • Takashi Kondo, Yoshiko Ishimi, Jun Takebayashi, Yuko Tousen. Assessment of safety and efficacy of pine bark extract in normal and ovariectomized mice. Journal of food science. 2020. 85. 6. 1956-1962
  • Shingo Hino, Takayasu Mizushima, Katsunori Kaneko, Erika Kawai, Takashi Kondo, Tomomi Genda, Takahiro Yamada, Koji Hase, Naomichi Nishimura, Tatsuya Morita. Mucin-Derived O-Glycans Act as Endogenous Fiber and Sustain Mucosal Immune Homeostasis via Short-Chain Fatty Acid Production in Rat Cecum. The Journal of nutrition. 2020
  • Yoshihiko Komuro, Takashi Kondo, Shingo Hino, Tatsuya Morita, Naomichi Nishimura. Oral intake of slowly digestible α-glucan, isomaltodextrin, stimulates glucagon-like peptide-1 secretion in the small intestine of rats. The British journal of nutrition. 2020. 123. 6. 619-626
  • Yuko Tousen, Jun Takebayashi, Takashi Kondo, Hiroyuki Fuchino, Noriaki Kawano, Takayuki Inui, Kayo Yoshimatsu, Nobuo Kawahara, Yoshiko Ishimi. Safety and Efficacy Assessment of Isoflavones from Pueraria (Kudzu) Flower Extract in Ovariectomised Mice: A Comparison with Soy Isoflavones. International journal of molecular sciences. 2019. 20. 12
もっと見る
MISC (11件):
講演・口頭発表等 (31件):
  • 健康食品による健康被害情報を踏まえた安全性評価系の開発に関する研究
    (第67回日本栄養改善学会学術総会 2020)
  • 大豆イソフラボンと難消化性グルカンの併用摂取が骨粗鬆症モデルマウスの骨密度低下に及ぼす影響
    (第67回日本栄養改善学会学術総会 2020)
  • エピガロカテキンガレートは閉経後骨粗鬆症モデルマウスにおける骨密度低下を抑制する
    (第74回日本栄養・食糧学会大会 2020)
  • 廃用性骨粗鬆症モデルマウスの骨密度低下に対するエピガロカテキンガレート摂取の影響
    (第74回日本栄養・食糧学会大会 2020)
  • 非荷重モデルマウスの骨密度低下に対する大豆イソフラボンとレスベラトロールの併用摂取による作用
    (第66回日本栄養改善学会学術総会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2015 - 2018 静岡大学創造科学技術大学院 バイオサイエンス専攻
  • 2013 - 2015 静岡大学 応用生物化学専攻
  • 2011 - 2013 長岡工業高等専門学校
学位 (1件):
  • 博士(農学) (静岡大学)
経歴 (2件):
  • 2018/06 - 現在 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 食品保健機能研究部 研究員
  • 2018/04 - 2018/05 静岡大学 農学部 学術研究員
受賞 (2件):
  • 2016/11 - 日本食物繊維学会 発表賞 難消化性デキストリン類の糞便性状および腸内容物移動速度におよぼす効果
  • 2016/11 - 日本栄養・食糧学会中部支部 優秀発表賞 難消化性デキストリンは1kcal/gか?
所属学会 (4件):
日本農芸化学会 ,  日本栄養改善学会 ,  日本栄養食糧学会 ,  日本食物繊維学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る