研究者
J-GLOBAL ID:201801019366064070   更新日: 2020年09月21日

高橋 勇樹

タカハシ ユウキ | Takahashi Yuki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 水圏生産科学
研究キーワード (5件): 養殖水槽 ,  数値流体力学 ,  漁具工学 ,  オッターボード ,  可視化
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 仔魚期初期生残率改善を目指した養殖水槽の開発
  • 2018 - 2019 養殖水槽内の滞留物の軌跡シミュレーション技術の開発
  • 2013 - 2015 CFD解析を用いたオッターボード設計に関する研究
論文 (13件):
  • Yuki Takahashi, Kazuyoshi Komeyama. Simulation of the capture process in set net fishing using a fish-schooling behavior model. Fisheries Science. 2020
  • Xinxing You, Fuxiang Hu, Shuchuang Dong, Yuki Takahashi, Daisuke Shiode. Shape optimization approach for cambered otter board using neural network and multi-objective genetic algorithm. Applied Ocean Research. 2020. 100
  • 高橋 勇樹, 羽柴 亮, 小竹 元己, 木村 暢夫. CFD解析を用いたエアレーションによる養殖水槽内の循環流と仔魚の挙動シミュレーション. 日本水産学会誌. 2020. 86. 302-311
  • Nguyen Minh Khiem, Yuki Takahashi, Dang Thi Hoang Oanh, Tran Ngoc Hai, Hiroki Yasuma, Nobuo Kimura. The use of machine learning to predict acute hepatopancreatic necrosis disease (AHPND) in shrimp farmed on the east coast of the Mekong Delta of Vietnam. Fisheries Science. 2020. 86. 673-683
  • Yoshitsugu Masuda, Yasuhiro Shima, Osamu Tamaru, Yuki Takahashi, Yoshihiro Ohmura, Takashi Iwasaki, Masaaki Kamoshida, Misao Arimoto, Keisuke Yamano, Takashi Yatabe. Japanese eel jaw and vertebra ossification occurring respectively during the larval stage and metamorphosis. Fisheries Science. 2019
もっと見る
MISC (13件):
  • Yuki Takahashi, Kazuyoshi Komeyama. 3D simulation of the set net fishing capture process using a boids model. Proceedings of International Conference on Fisheries Engineering 2019. 2019. 118-119
  • 留目諒, 高橋勇樹, 三田哲也, 米山和良, 清水智仁. アミメノコギリガザミの種苗生産水槽を対象とした水流解析. 日本水産工学会学術講演会講演論文集. 2019
  • 高橋勇樹, 藤田薫, 山﨑慎太郎, 越智洋介. 表計算ソフトを用いた底びき網のモデル化. 日本水産工学会学術講演会講演論文集. 2018
  • 城崎亮佑, 井高洋輔, 木村暢夫, 高橋勇樹, 前川和義, 安間洋樹. NORPACネット網口前の流場にスイベルが与える影響. 日本水産工学会学術講演会講演論文集. 2018. 79-80
  • 鄭程模, 松下吉樹, 梶川和武, 酒井猛, 高橋勇樹. 形状と大きさが異なるトロール漁具部品の抵抗. 日本水産工学会学術講演会講演論文集. 2018. 81-82
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • 3D simulation of the set net fishing capture process using a boids model
    (International Conference on Fisheries Engineering 2019)
  • アミメノコギリガザミの種苗生産水槽を対象とした水流解析
    (2019年度日本水産工学会学術講演会 2019)
  • 漁船の新造船に関する造船所の建造能力とサイズ選択モデル
    (JSDカンファレンス2018 2018)
  • 漁具、漁法と操業に関する研究とモデルについて
    (JSDカンファレンス2018 2018)
  • 表計算ソフトを用いた底びき網のモデル化
    (平成30年度日本水産工学会学術講演会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2010 - 2015 北海道大学 海洋生物資源科学専攻
  • 2006 - 2010 北海道大学 海洋資源科学科
学位 (1件):
  • 博士(水産科学) (北海道大学)
経歴 (3件):
  • 2018/04 - 現在 北海道大学 大学院水産科学研究院 助教
  • 2016/04 - 2018/03 水産研究・教育機構 水産工学研究所 漁業生産工学部 研究員
  • 2015/04 - 2016/03 水産総合研究センター 水産工学研究所 漁業生産工学部 研究員
受賞 (4件):
  • 2016/10 - Techno-Ocean Network 海のフロンティアを拓く岡村健二賞
  • 2013/05 - 日本水産工学会 平成25年度日本水産工学会学術講演会学生優秀賞 CFDによる複葉型オッタ-ボードの流体力特性
  • 2011/10 - ANSYS inc. 2011 Japan ANSYS Conference 学生ポスターセッション優勝 マリン・バイオファーミング設備への利用を目的とした新型垂直軸風車の開発
  • 2010/03 - 日本航海学会 日本航海学会奨学褒章 CFD解析による水中曳航体の流体力特性
所属学会 (4件):
数理水産科学会 ,  システム・ダイナミックス学会日本支部 ,  日本水産工学会 ,  日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る