研究者
J-GLOBAL ID:201801020924529260   更新日: 2020年09月01日

山ノ井 朋子

YamanoiTomoko
論文 (9件):
  • Keiko Aota, Kohichi Kani, Tomoko Yamanoi, Koh-ichi Nakashiro, Naozumi Ishimaru, Masayuki Azuma. Distinct Regulation of CXCL10 Production by Cytokines in Human Salivary Gland Ductal and Acinar Cells. Inflammation. 2018. Vol.41. No.4. 1172-1181
  • Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, Kohichi Kani, Koh-ichi Nakashiro, Naozumi Ishimaru, Masayuki Azuma. Inverse correlation between the number of CXCR3+ macrophages and the severity of inflammatory lesions in Sj?gren's syndrome salivary glands: a pilot study. Journal of Oral Pathology & Medicine. 2018. Vol.47. No.7. 710-718
  • 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之. 一次性舌痛症における唾液アミラーゼ活性測定の試み. 日本口腔検査学会雑誌. 2018. Vol.10. No.1. 64-67
  • 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 東 雅之. Docetaxel・γ-tocotrienol併用療法による口腔癌移植ヌードマウス腫瘍への抗腫瘍効果の検討. 口腔組織培養学会誌. 2018. Vol.27. No.1. 19-20
  • Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, Koichi Kani, Masayuki Azuma. Cepharanthine Inhibits IFN-γ-Induced CXCL10 by Suppressing the JAK2/STAT1 Signal Pathway in Human Salivary Gland Ductal Cells. Inflammation. 2018. 41. 1. 50-58
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • Intractable Stomatitis Well-Treated with Kampo Medicines: A Case Series
    (The 13th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery 2018)
  • 唾液腺細胞における CXCL10 発現機構の解析
    (唾液腺細胞における CXCL10 発現機構の解析 2018)
  • セファランチンはヒト唾液腺導管細胞由来IFNγ誘導性CXCL10を抑制する
    (第54回日本口腔組織培養学会学術大会 2017)
  • 当科における顎骨骨髄炎の臨床統計的検討
    (第62回日本口腔外科学会総会・学術総会 2017)
  • 三剤併用が奏効した一次性舌痛症の3例-口腔領域の難治性疼痛への対応-
    (第62回日本口腔外科学会学術大会 2017)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る