{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201802212070144761   整理番号:18A0357413

極座標系の原点移動モデルを用いたToF計測における霧の影響除去

著者 (5件):
資料名:
巻: 117  号: 391(PRMU2017 112-144)  ページ: 293-300  発行年: 2018年01月11日
JST資料番号: S0532B  ISSN: 0913-5685  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
豪雨や霧などの悪天候下では視界が悪くなり,運転事故の原因になりうる。また,各種センサを利用する自動運転技術の中でも距離計測において大きな問題となっている。距離計測が行えるTime-of-Flightカメラで霧中にある物体を計測すると,光が散乱するために見え方が不鮮明になるだけでなく,正しい距離の計測も行えなくなる。本研究では,同じ位置にある物体でも反射率によって異なる距離が得られてしまう現象に着目し,この距離の間違え方の違いを極座標系でモデル化することで,霧の影響を除去する手法を開発した。シミュレーションと実環境実験により,霧の影響を除去し,正しい距離を復元できることを確認した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
図形・画像処理一般 
引用文献 (15件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る