{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201802215230765436   整理番号:18A0778447

オオバクロモジ(Lindera umbellata Thunb.var.membranacea(Maxim.)Momiyama)の低極性成分の部位ごとの変化と季節変動

著者 (3件):
資料名:
巻: 68th  ページ: ROMBUNNO.M14-09-1430  発行年: 2018年03月05日
JST資料番号: L1221B  ISSN: 1349-0532  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
クスノキ科クロモジ属の落葉性低木であるオオバクロモジは香気成分に様々な生理活性作用が知られており,その成分に季節変動が見られることや部位の違いによって成分が異なることが明らかにされている。本研究では,より詳細な成分組成を明らかにすることを目的として,開葉前後の成分変化を部位ごとに分析した。山形大学演習林のオオバクロモジ10個体から2017年5月,7月,10月に枝葉を採取し,部位ごとに分けて,n-ヘキサン抽出を行った。GC-MSとGC-FIDを用いて各部位の成分組成と,主成分のLinaloolの光学異性体比を分析した。小枝,樹皮,葉,材では前報と同様の成分が確認され,成分の収量に季節変動があることが示された。今回新たに分析した葉芽は,葉と異なる成分組成を示し,Linaloolの光学異性体比が葉と異なる個体も存在した。従って,葉芽から葉への成長過程で成分の組成が変化していく可能性が示された。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
森林植物学  ,  木材化学 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る