{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201802239024230397   整理番号:18A0349564

サブミリサイズデブリのその場測定に適用可能な軌道面拘束【Powered by NICT】

Orbital plane constraint applicable for in-situ measurement of sub-millimeter-size debris
著者 (5件):
資料名:
巻: 59  号:ページ: 1599-1606  発行年: 2017年
JST資料番号: H0831A  ISSN: 0273-1177  CODEN: ASRSDW  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
サイズ1mm以下の宇宙デブリは宇宙船の致命的な損傷を引き起こすのに十分なエネルギーを持っているが,そのような小さなデブリは,地上から続くまたは追跡できない。,その場のデブリ環境認識のためのプロジェクトIDEA,マイクロ衛星の群を用いたサブミリメートルサイズデブリを検出することを目的とした,は九州大学で開始されている。最初に,本論文では,摩耗粉は,IDEAプロジェクトで提案したその場測定により検出される可能性がある軌道の性質に関する以前の研究をレビューした。第二に,本論文では,摩耗粉は,その場測定により検出された軌道面を制約する簡単な方程式を導出した。第三に,本論文では,影響は,測定誤差を減少させることを確認しなければならないかをしばしば明らかにするこの簡単な拘束方程式の性質と感度を調べた。最後に,本論文では以前の研究約から観測された衝突流束を記述するためにトーラスモデルを紹介した。衝突フラックス近似は,観測したフラックスとかなり良く一致した。,従って本論文で導入した単純拘束方程式と衝突フラックス近似はより効果的に更なる研究を行うために以前の研究で採用した分析法を置き換えることができると結論した。Copyright 2018 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
操縦・制御系統  ,  宇宙飛行体の運動・軌道 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る