{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802243845232497   整理番号:18A0359570

塩微粒子のラマン分光分析による南東グリーンランドにおける過去60年間のエアロゾル組成変動の復元

著者 (6件):
資料名:
巻: 64th  ページ: ROMBUNNO.1A20(J-STAGE)  発行年: 2017年
JST資料番号: U1296A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
過去60年間で大気エアロゾル組成は激変している。21世紀になってからは,SOxとNOxの排出規制にともない,アンモニウム塩の形成が妨げられ,北半球農業地域の大気アンモニア濃度が上昇している。本研究では,南東グリーンランドSE-Domeのアイスコア試料中に含まれるエアロゾルの化学形態に着目し,ラマン分光分析を行なうことでアイスコア中の塩微粒子の化学組成を同定した。春の試料に比べて夏の試料で(NH4)2SO4が多く,CaSO4とNaNO3が少なかった。夏季におけるアンモニウムイオン濃度の増加が関係していると推測される。また,1968年,2000年,2008年の春試料で組成を比較した結果,1968年試料では(NH4)2SO4が検出されたのに対して,2008年と2000年試料では硫酸塩に比べて硝酸塩の割合が大きく,(NH4)2SO4が検出されなかった。これは,北米農業地域などのエアロゾルの供給源において,21世紀以降に(NH4)2SO4が形成されづらかったことが原因であると考えられる。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
対流圏・成層圏の地球化学  ,  気圏環境汚染 

前のページに戻る