{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802247681246244   整理番号:18A0493365

磁気共鳴画像上の下垂体茎の放射線学的評価を用いた経蝶形骨洞手術後の尿崩症の遅延発生【Powered by NICT】

Delayed Occurrence of Diabetes Insipidus After Transsphenoidal Surgery with Radiologic Evaluation of the Pituitary Stalk on Magnetic Resonance Imaging
著者 (8件):
資料名:
巻: 110  ページ: e1072-e1077  発行年: 2018年
JST資料番号: A1144A  ISSN: 1878-8750  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
尿崩症(DI)は経蝶形骨洞手術(TSS)の主要な合併症である。DIは,通常,TSS後の日の内で発生した。術後DIの遅延発生はめったに観察されないとその発展機構は不明である。六名の患者は術後遅延DI,TSS後2週以上を生じた最初にDIとして定義されたを有するとして同定された。は男性1例,女性5例,平均年齢は38.3歳であった(範囲,10 76歳)。五例では組織学的にラトケ嚢胞(RCC)と診断され,プロラクチン分泌腺腫と共存するRCCを有していた。逐次T1強調磁気共鳴イメージングは下垂体茎及び後葉の高信号域(HI),抗利尿ホルモンの位置を示し評価した。患者はTSS前にDIを持っていなかった。遅延DIはTSS後2週から3か月を生じ,2週間,5か月まで持続した。T1強調磁気共鳴画像は後葉におけるHIが弱いことを示したが,DI発生後消失しなかったと,それらの強度はDIからの回復と共に増加した。とは対照的に,術前淡く,術後明らかとなりDIからの回復とともに減少した下垂体茎におけるHI。形態学的パターンはDI持続時間に依存した。DIの遅延発生では,DIは手術後に出現する術前抗利尿ホルモン輸送した軽度混雑まだ完全に遮断されないことが示唆された。RCC除去後の漏斗に炎症の段階的拡大はこの遅延DI開発の一の可能な機構と考えられた。Copyright 2018 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (5件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
泌尿生殖器の疾患  ,  神経系の腫よう  ,  看護,看護サービス  ,  臨床腫よう学一般  ,  神経系の疾患 

前のページに戻る