{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802257968905719   整理番号:18A0817230

CO選択的メタン化のための痕跡塩素含有Ni/TiO_2触媒の耐久性【JST・京大機械翻訳】

Durability of Ni/TiO2 catalyst containing trace chlorine for CO selective methanation
著者 (7件):
資料名:
巻: 557  ページ: 7-14  発行年: 2018年
JST資料番号: D0691C  ISSN: 0926-860X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
CO選択的メタン化反応におけるNi/TiO_2触媒の耐久性を調べた。72時間までの反応試験では,触媒中に含まれる微量の塩素成分が徐々に減少した。その結果,CO2のメタン化の進行が増加し,標題反応におけるCOのメタン化の反応選択性が低下した。対照的に,塩素成分の除去が小さい反応の初期段階において,金属Niの活性部位の数が増加し,COメタン化活性が改善されることを確認した。さらに,他の雰囲気下での熱処理の場合と比較して,メタン化反応雰囲気下での発熱反応熱により,触媒中の塩素成分がより顕著に除去されることが分かった。また,触媒層の温度を室温に加熱し加熱するサイクルを繰り返す,毎日の始動と停止運転をシミュレートする条件下での触媒耐久性を評価した。結果として,微量の塩素成分が凝縮水への曝露により除去され,触媒の反応選択性が低下することを明らかにした。Copyright 2018 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
不均一系触媒反応  ,  その他の触媒 
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る