用語
J-GLOBAL ID:200906097311673262 

活性部位

主題カテゴリー:
主題カテゴリー
用語の主な分野です
生化学一般
説明(Wikipedia): 分子生物学における活性部位(かっせいぶい、)は、基質が結合し化学反応が進む酵素の部位のことである。多くの酵素はタンパク質からできているが、リボザイムと呼ばれるリボ核酸でできた酵素も存在する。
学術用語集 (5件):
学術用語集
国内学会と文部科学省によって編纂された学術用語集の用語です
  • 遺伝学編(増訂版) / 活性部位 / active site
  • 分光学編(増訂版) / 活性領域 / active region
  • 遺伝学編(増訂版) / 触媒部位 / catalytic site
  • 植物学編(増訂版) / 活性部位 / active site
  • 化学編(増訂2版) / 活性サイト / active site
同義語 (5件):
関連語 (7件):
もっと見る
下位語 (3件):
シソーラスmap:
シソーラスmap ※学術用語集由来のみの同義語は表示されません

前のページに戻る