{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802286955513171   整理番号:18A0661251

〔関東東海北陸農業の技術開発〕水稲品種「つきあかり」をはじめとする多収良食味業務用水稲品種の育成

著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 18-24  発行年: 2018年04月01日
JST資料番号: Y0218B  ISSN: 2187-4948  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
日本人一人当たりの米消費量は年々低下しており,特に家庭内消費が著しく減少している。一方,中食・外食需要は逆に拡大している状況にあるが,生産側の水稲品種構成には大きな変化はなく,家庭内消費をターゲットとしたブランド品種の作付けが大部分を占めている。拡大する業務用米需要を満たすため,ブランド品種「コシヒカリ」を主力とする関東東海北陸地域においても「つきあかり」や「あきだわら」などの早生・晩生の多収良食味業務用品種が面積を拡大している。業務用需要の拡大は今後も続くと見込まれており,新たな業務用品種の開発が求められている。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
稲作 
引用文献 (3件):
  • Ashikari, M. et al. (2005) Science 309 : 741-745.
  • 笹原英樹ら (2017) 北陸作物学会報52: 21-25.
  • 安東ら (2011) 育種学研究13(2): 35-41.

前のページに戻る