{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802289531234923   整理番号:18A1870362

アスパルテーム使用における神経伝達物質相互作用に関する議論【JST・京大機械翻訳】

The debate over neurotransmitter interaction in aspartame usage
著者 (3件):
資料名:
巻: 56  ページ: 7-15  発行年: 2018年
JST資料番号: W3362A  ISSN: 0967-5868  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
アスパルテーム(NutraSweet,Equal)は,広く使われている人工甘味料であり,人々の神経学的および行動的障害に対して説明可能であることが報告されている。摂取時に,アスパルテームは腸で加水分解され,その代謝産物を提供する;必須アミノ酸フェニルアラニン(Phy)(50%),アスパラギン酸(40%)およびメタノール(10%)のような。ドーパミン(DA),ノルエピネフリン(NE)およびセロトニン(5-HT)のような脳神経化学組成の変化は,アスパルテーム消費者において,観察された神経生理学的症状(頭痛,記憶喪失,気分変化,および抑うつなど)に関与している。Aspartamesは,血漿コルチゾール濃度の増加を通して化学的ストレス因子として作用する可能性がある。アスパルテーム消費は同様に腸内微生物相を変えた。これらの全ての因子を総合して,著者らは,アスパルテーム代謝産物,ストレスホルモン(コルチゾール),及び脳神経化学組成の変化に関与する腸の代謝異常症の証拠を調べることをレビューした。アスパルテーム代謝産物;主にPhyおよび興奮性神経伝達物質として作用することによる神経伝達物質およびアスパラギン酸との相互作用は,この障害のパターンを引き起こす。異なる生体アミンとの相互作用によるコルチゾールと腸の代謝異常の上昇と共に,神経生物学的障害に導くニューロンシグナリングを調節するための付加的な影響がある可能性がある。したがって,アスパルテーム代謝産物の特異的役割,コルチゾールの上昇,およびアスパルテーム消費者における神経生理学的症状の出現による腸の代謝異常を理解し,消費者における健康な生活を改善するために,進行中の研究が直ちに必要である。Copyright 2018 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
中枢神経系  ,  食品添加剤 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る