研究者
J-GLOBAL ID:201901002632259350   更新日: 2020年01月20日

玉置 敦彦

タマキ ノブヒコ | Tamaki Nobuhiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2021 グローバル政治秩序の研究-アジア太平洋における「埋め込まれたリベラルな国際秩序」
  • 2017 - 2021 同盟と戦略の理論分析-ベトナム撤退期の米戦略転換と日米・米比・米タイ・米韓同盟
  • ジャパン・ハンズ-1968年の危機と日米関係の変容
論文 (17件):
  • Nobuhiko Tamaki. Threats from China and North Korea: Implications for the US-Japan Alliance. Paper for the 23rd Asian Studies Conference Japan, Saitama University. 2019
  • Nobuhiko Tamaki. In Search of Rules-Based Order: Japan’s Changing Perceptions of International Order and Its Wandering into Great Power Politics. Paper for the workshop on “Worldviews on the United States, Alliances, and International Order,” Sasakawa Peace Foundation, November 12-15, 2018, the Australia National University, Canberra, Australia. 2018
  • Alliance without Military Cooperation: The US-Japan Alliance and "Embedded Liberal International Order" in the Asia-Pacific. Paper for the American Studies Foundation International Forum for Early Career Scholars, Workshop “Debating American Hegemony,” July 22-23, Chuo University Surugadai Memorial Hall Room 560 (中央大学駿河台記念館560 教室), Tokyo. 2018
  • 玉置 敦彦. 秩序と同盟-アメリカの「リベラルな国際秩序」戦略 (特集 国際秩序をめぐる攻防の時代). 国際安全保障. 2018. 45. 4. 13-31
  • Nobuhiko Tamaki. Japan’s Quest for Rules-Based Order: Beyond the Dichotomy of Alliance Diplomacy and Asian Diplomacy,. Paper for the workshop on “World Views on the United States,” Sasakawa Peace Foundation, February 15-17, 2018, Okinawa, Japan. 2018
もっと見る
MISC (5件):
  • アーロン・L・フリードバーグ著, 佐橋亮, 玉置敦彦監訳. 権威主義諸国の挑戦-中国、ロシアとリベラルな国際秩序への脅威. SPF日米モノグラフシリーズ、笹川平和財団. 2018
  • アーロン・L・フリードバーグ著, 玉置敦彦訳. リベラルな国際秩序と権威主義諸国の挑戦. アステイオン. 2018. 88
  • 玉置敦彦. 学界展望(書評)Victor Cha, Powerplay: The Origins of the American Alliance System in Asia (Princeton: Princeton University Press, 2016). 国家学会雑誌. 2017. 130. 9/10
  • Nobuhiko Tamaki. Whose rules-based order? A Reflection from SEAYLP. Shangri-La Voices, Latest news and views from the 16th IISS Shangri-La Dialogue, IISS (The International Institute for Strategic Studies) website. 2017
  • 講演会報告 東アジア秩序の変容と日中関係(2017年1月24日). 神奈川大学アジア研究センターNews Letter. 2017. 7
書籍 (3件):
  • 日中 親愛なる宿敵-変容する日本政治と対中政策
    東京大学出版会 2018
  • 吉野作造政治史講義-矢内原忠雄・赤松克麿・岡義武ノート
    岩波書店 2016
  • もう一つの日米交流史-日米協会資料で読む20世紀
    中央公論新社 2012
学歴 (5件):
  • 2008 - 2014 東京大学 総合法政専攻
  • 2006 - 2008 東京大学 総合法政専攻
  • 2004 - 2006 東京大学 第三類
  • 2002 - 2004 東京大学 文科I類
  • 1999 - 2002 私立城北高校
学位 (2件):
  • 修士(法学) (東京大学)
  • 博士(法学) (東京大学)
経歴 (12件):
  • 2019/05 - 東京大学未来ビジョン研究センター客員研究員
  • 2019/04 - 中央大学法学部准教授
  • 2018/04 - 2019/03 中央大学法学部兼任講師
  • 2018/04 - 2019/03 東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員
  • 2018/04 - 2019/03 都留文科大学教養学部地域社会学科講師
全件表示
所属学会 (8件):
日本国際政治学会 ,  日本比較政治学会 ,  International Studies Association ,  The Society for Historians of American Foreign Relations ,  American Historical Association ,  アジア政経学会 ,  日本平和学会 ,  国際安全保障学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る