機関
J-GLOBAL ID:200905071690969162   機関コード:2223004000 更新日: 2020年01月21日

中央大学 法学部

チュウオウダイガク ホウガクブ, Chuo University Faculty of Law
設立年: 1949
住所: 〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1
電話番号: 法学部事務室:042-674-3111
機構・研究部門名 (1件):
  • 法律学科、国際企業関係法学科、政治学科
沿革 (11件):
  • 1885/07
    英吉利法律学校設置認可
  • 1889/10
    校名を東京法学院に改称
  • 1903/08
    社団法人東京法学院大学設立、校名を東京法学院大学と改称
  • 1905/08
    校名を中央大学に改称認可
  • 1920/04
    大学令により中央大学設立認可、法・経済・商学部設置
もっと見る
設置目的:
法学に関する専門的教育・研究
事業概要:
【法学部】
法学部は、「英吉利法律学校」の創立以来120年以上におよぶ歴史と伝統をもつ学部です。これまで法曹界をはじめ官界、政界、実業界などに、優れた人材を多数輩出してきました。伝統を継承する一方、社会の変化と大学教育に対するニーズに応えるため、たえず、教育の内容・方法等の改革に取り組んでいます。
すべての学科において、外国語習熟度別クラス編成、海外留学の支援等の採用、国際的視野で考える能力を身につけるための科目の設置など、国際化に対応するよう教育内容・方法を整備しています。また、少人数の演習での教育を充実し、論文作成、問題の発見・解決、ディスカッション等のトレーニングを行い、法科大学院をはじめ、どの進路に進む場合にも必要とされる能力の涵養を図っています。そして何より、学生一人ひとりの「やる気」を引き出し、育てることを大切にしています。
【法律学科】
様々な利害対立を内包したあらゆるレベルの”社会”において生起する複雑で多様な紛争について、絡み合った利害関係の対立を的確に分析し、これを解きほぐして解決の道筋を見いだすことができるような、高度な法的能力を有する指導的人材の育成を目標としています。
【国際企業関係法学科】
国際社会で生じる問題の解決には、背後にある多様な法文化を知ったうえで問題を発見する法的思考力、つまり地球規模のリーガルマインドを身につけることが必要です。その習得をめざし、国際社会において企業活動から生じるさまざまな法律問題を中心に、グローバルな観点で問題を解決する基礎的能力を養うことを目標としています。
【政治学科】
政治とは、社会の多様な利害や価値を調整し、望ましい社会を創出することをめざす営みです。新しい社会についての構想力、人間についての洞察力、将来を見通す目測力、問題を発見する能力、調査・分析する能力、解決策を提示する能力、情報を発信する能力などを身につけることを目標としています。
上位組織 (2件):
下位組織 (3件):

前のページに戻る