研究者
J-GLOBAL ID:201901006126656991   更新日: 2020年06月03日

井野近藤 愛理

イノコンドウ アイリ | Ino-Kondo Airi
所属機関・部署:
職名: 客員研究員
論文 (3件):
  • Rokutanda S, Yamada SI, Yanamoto S, Sakamoto H, Morita Y, Rokutanda H, Kohara H, Yoshimatsu M, Yoshimi T, Nakamura T, Ino-Kondo A, Moriuchi E, Umeda M. Effects of the changes in the condylar long axis angle and condylar position on temporomandibular symptoms after intraoral vertical ramus osteotomy: a preliminary study. Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology. 2019. 128. 6. 597-605
  • Kondo T, Hotokezaka H, Hamanaka R, Hashimoto M, Nakano-Tajima T, Arita K, Kurohama T, Ino A, Tominaga JY, Yoshida N. Types of tooth movement, bodily or tipping, do not affect the displacement of the tooth's center of resistance but do affect the alveolar bone resorption. Angle Orthod. 2017. 87. 4. 563-569
  • Kurohama T, Hotokezaka H, Hashimoto M, Tajima T, Arita K, Kondo T, Ino A, Yoshida N, Takeshi Kurohama, Hitoshi Hotokezaka, Megumi Hashimoto, Takako Tajima, Kotaro Arita, Takanobu Kondo, Airi Ino, Noriaki Yoshida. Increasing the amount of corticotomy does not affect orthodontic tooth movement or root resorption, but accelerates alveolar bone resorption in rats. Eur J Orhotontics. 2016. 39. 3. 277-286
講演・口頭発表等 (9件):
  • 塩化リチウムは矯正力による歯の移動と歯根吸収への影響
    (2018)
  • 小動物用SPECTを用いた矯正力による歯の移動時の骨代謝の観察
    (第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017)
  • SPECTを用いた矯正力による歯の骨代謝変化の経過観察
    (第57回日本核医学会学術総会 2017)
  • 矯正力による歯の移動時のSPECTを用いた分子イメージング
    (第12回九州矯正歯科学会学術大会 2017)
  • 塩化リチウム投与による歯の移動と歯根吸収への影響-ラット実験モデル-
    (第12回九州矯正歯科学会学術大会 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2017 - 現在 長崎大学 医歯薬学総合研究科 歯学科
  • 2013 - 2017 長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 歯学部
所属学会 (2件):
九州矯正歯科学会 ,  日本矯正歯科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る