研究者
J-GLOBAL ID:201901006447136787   更新日: 2021年07月20日

木本 幸憲

キモト ユキノリ | Kimoto Yukinori
所属機関・部署:
職名: 講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://yukinorikimoto.x0.com/
研究分野 (3件): 言語学 ,  言語学 ,  言語学
研究キーワード (5件): 言語類型論 ,  危機言語 ,  認知言語学 ,  言語ドキュメンテーション ,  アルタ語
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2024 オーストロネシア化したフィリピン狩猟採集民言語の言語人類学・認知言語学的研究
  • 2019 - 2024 インドネシア・フィリピンにおける少数言語の記録とコーパス構築に基づく研究
  • 2019 - 2022 The Social Cognition Parallax Interview Corpus(SCOPIC)に基づく社会認識の言語標示に関する研究
  • 2017 - 2022 共創的コミュニケーションのための言語進化学
  • 2016 - 2019 フィリピン諸語のフォーカス体系の再検討:アルタ語からの視座
全件表示
論文 (24件):
  • Ewing, Michael, Yukinori Kimoto. Vitality, Maintenance and Documentation among the Malayo-Polynesian languages of Southeast Asia. The Oxford Guide to the Malayo-Polynesian Languages of South East Asia (Edited by Alexander Adelaar and Antoinette Schapper). 2021
  • 木本幸憲. 文法を形作る言語使用:フィリピン言語のヴォイスと格に関する談話的アプローチ. 動的語用論の構築へ向けて(田中廣明・秦かおり・吉田悦子・山口征孝 編). 2021. 3. 19-44
  • 木本幸憲. フィリピン諸言語の動植物名詞由来の動詞:言語に反映される自然と文化、生活様式について. カルチュラル・グリーン. 2021. 2. 77-96
  • 木本幸憲. 変化する社会への適応方法としての「危機」言語:フィリピンのアルタ語の活性度と消滅プロセスから. 社会言語科学. 2021. 23. 2. 35-50
  • 木本幸憲. 言語使用のダイナミクスと用法基盤モデル:アルタ語の文法、相互行為、文化からみる位置保持詞の役割. 認知言語学と談話機能言語学の有機的接点:用法基盤モデルに基づく新展開(中山俊秀・大谷直輝 編). 2020. 321-353
もっと見る
書籍 (2件):
  • やりとりの言語学 : 関係性思考がつなぐ記号・認知・文化
    大修館書店 2015 ISBN:9784469213539
  • Arta (Edilod) Dictionary (In progress)
    Dallas: SIL International
Works (1件):
  • Abang ni Noe: Translation of Noah’s Ark in Arta
    Delia, Bueno, Kimoto, Yukinori 2017 - 現在
学歴 (3件):
  • 2011 - 2014 京都大学
  • 2009 - 2011 京都大学
  • 2005 - 2009 滋賀大学
学位 (1件):
  • 博士(人間・環境学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 兵庫県立大学 環境人間学部 講師
  • 2016/04 - 2019/03 名古屋大学 大学院人文学研究科 人文学専攻 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2018/04 - 2018/12 メルボルン大学 言語学科 研究員
  • 2017/03 - 2017/05 メルボルン大学 言語学科 研究員
  • 2015/08 - 2016/03 京都大学 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 研究員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 社会言語科学会 大会実行委員会
  • 2019/04 - 2019/08 国際認知言語学会第15回大会 大会実行委員会
  • 2014/06 - 2014/08 世界アフリカ言語学会議 大会実行委員会
受賞 (2件):
  • 2018/06 - 日本言語学会 日本言語学会第155回大会発表賞 状態性と事態解釈:アルタ語(フィリピン)に見られる非動作動詞
  • 2014/09 - 社会言語科学会 社会言語科学会第33回大会発表賞 フィリピン・アルタ語の社会言語学的状況と言語危機
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る