研究者
J-GLOBAL ID:201901007188716105   更新日: 2020年10月04日

武安 伸幸

タケヤス ノブユキ | Nobuyuki Takeyasu
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): ナノ材料科学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2017 - 2020 機能性フッ素ポリマーのフェムト秒レーザー加工基盤と3次元構築した細胞の顕微観察法
  • 2015 - 2018 プラズモニックダイマーの高選択的作製と表面増強ラマン計測への応用
  • 2014 - 2017 脂質支持膜への細胞融合法の開発と膜タンパク質計測への応用
  • 2010 - 2011 DNAの自己組織化能を用いた可視光領域で磁性を有する新規メタマテリアルの創生
  • 2009 - 2011 プラズモニック液晶材料の開発
全件表示
論文 (43件):
  • Tetsuya Fujita, Yuki Takeuchi, Kenzo Yamaguchi, Taka-aki Yano, Takuo Tanaka, Nobuyuki Takeyasu. Comparison of hot carrier generation between self-assembled gold and silver nanoparticle arrays tailored to the same hybrid plasmon resonance. Journal of Applied Physics. 2020. 128. 12. 123104-123104
  • Masahiro Ito, Takashi Ito, Hideyuki Aoki, Koshi Nishioka, Tsugumi Shiokawa, Hiroko Tada, Yuki Takeuchi, Nobuyuki Takeyasu, Tadashi Yamamoto, Shogo Takashiba. Isolation and identification of the antimicrobial substance included in tempeh using Rhizopus stolonifer NBRC 30816 for fermentation. International journal of food microbiology. 2020. 325. 108645-108645
  • Yuki Takeuchi, Antoine Violas, Tetsuya Fujita, Yasuaki Kumamoto, Mircea Modreanu, Takuo Tanaka, Katsumasa Fujita, Nobuyuki Takeyasu. Hot Carrier Generation in Two-Dimensional Silver Nanoparticle Arrays at Different Excitation Wavelengths under On-Resonant Conditions. The Journal of Physical Chemistry C. 2020. 124. 25. 13936-13941
  • Takeuchi Yuki, Fujita Tetsuya, Takeyasu Nobuyuki. Plasmon-mediated chemical transformation from alkane to alkene on a silver nanoparticle array under 532 nm excitation. PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS. 2019. 21. 14. 7502-7507
  • Ikegami Shiho, Yamaguchi Kenzo, Tanaka Takuo, Takeyasu Nobuyuki, Kaneta Takashi. Hydrophobic assembly of gold nanoparticles into plasmonic oligomers with Langmuir-Blodgett film. JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS. 2018. 57. 12
もっと見る
MISC (6件):
  • 武安 伸幸. ラマン分光とマッピング/イメージング. JSMI Report. 2020. 13. 2. 3-9
  • 武安 伸幸. 次世代分子イメージング技術の進展と生命科学/医療分野への新展開 ラマン分光法と生体分子イメージング応用. JSMI Report. 2019. 12. 2. 63-63
  • 武安 伸幸. 役に立つホットエレクトロン. 応用物理. 2019. 88. 10. 659-662
  • 武安 伸幸. メタマテリアルとナノ加工技術. 高分子. 2012. 61. 7. 464-466
  • 武安 伸幸, 田中 拓男, 河田 聡. サイト選択金属コーティング法とその3次元機能デバイスへの応用. レーザー研究. 2008. 36. 0. 174-175
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1995 - 2001 九州大学
  • 1991 - 1995 九州大学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (九州大学)
経歴 (4件):
  • 2012/09 - 現在 岡山大学 大学院自然科学研究科 准教授
  • 2010/09 - 2012/09 大阪大学 フォトニクス先端融合研究センター 特任講師
  • 2003/10 - 2006/09 理化学研究所 ナノフォトニクス研究室 基礎科学特別研究員
  • 2001/04 - 2003/02 九州大学 今坂研究室 NEDO地域コンソーシアム研究開発事業 博士研究員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る