研究者
J-GLOBAL ID:201901008742985756   更新日: 2020年06月19日

吉本 勇太

ヨシモト ユウタ | Yoshimoto Yuta
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): https://www.fel.t.u-tokyo.ac.jp/https://www.fel.t.u-tokyo.ac.jp/index_en.html
研究分野 (4件): 高分子材料 ,  ナノ材料科学 ,  計算科学 ,  流体工学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2023 多成分系の気液界面における蒸発・凝縮の微視的計測とモデリング
  • 2020 - 2022 高分子膜を用いた気体分離過程の分子論的解明
  • 2017 - 2020 ナノ細孔アレイからの液体の蒸発により生じる希薄気体流の解析と冷却デバイスへの応用
  • 2016 - 2018 動的平均場理論に基づく格子気体モデルを用いた多孔質材料内部の流体挙動解析
  • 2012 - 2014 粗視化分子シミュレーションによるメゾスケール熱流動現象の解析
論文 (10件):
  • Toshihiro Kaneko, Yuta Yoshimoto, Takuma Hori, Shu Takagi, Junpei Ooyama, Takeshi Terao, Ikuya Kinefuchi. Relation between oxygen gas diffusivity and porous characteristics under capillary condensation of water in cathode catalyst layers of polymer electrolyte membrane fuel cells. International Journal of Heat and Mass Transfer. 2020. 150. 119277
  • Masataka Nakauchi, Takuya Mabuchi, Takuma Hori, Yuta Yoshimoto, Ikuya Kinefuchi, Hideki Takeuchi, Takashi Tokumasu. Gas-surface dynamics of oxygen molecules on Nafion ionomer membrane. AIP Conference Proceedings. 2019. 2132. 170001
  • Yuta Yoshimoto, Koichi Isomura, Sou Sugiyama, Hua An, Takuma Hori, Taiki Inoue, Shohei Chiashi, Shu Takagi, Shigeo Maruyama, Ikuya Kinefuchi. In situ observation of dewetting-induced deformation of vertically aligned single-walled carbon nanotubes. Diamond and Related Materials. 2019. 95. 115-120
  • 木原 玄悟, 吉本 勇太, 堀 琢磨, 高木 周, 杵淵 郁也. 非マルコフ散逸粒子動力学に基づく水の粗視化モデルの構築. 日本機械学会論文集. 2018. 84. 865. 18-00193
  • 吉本 勇太, 杵淵 郁也. Mori-Zwanzig射影演算子法及びiterative Boltzmann inversion法に基づく非マルコフ粗視化モデルの構築. アンサンブル:分子シミュレーション研究会会誌. 2018. 20. 2. 119-125
もっと見る
講演・口頭発表等 (117件):
  • Coarse-grained molecular dynamics simulations on mechanical properties of polymer composites for bulk heterojunction solar cells
    (APS March Meeting 2020 2020)
  • Prediction of gas oxygen diffusivity in porous cathode catalyst layers of polymer electrolyte fuel cell: Effects of capillary condensation of water and swelling of ionomer
    (The 2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2019) 2019)
  • 多孔体表面からの蒸発による非平衡気体流れの解析
    (第33回数値流体力学シンポジウム 2019)
  • マイクロポーラスポリマー膜内部における気体拡散の分子動力学シミュレーション
    (第33回数値流体力学シンポジウム 2019)
  • Understanding the Flow Mechanism in Micro Pulsating Heat Pipes Using Image Recognition
    (72nd Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics (APS DFD2019) 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2009 - 2014 東京大学 大学院工学系研究科 機械工学専攻
  • 2007 - 2009 東京大学 工学部 機械工学科
  • 2005 - 2007 東京大学 教養学部 理科一類
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2017/04 - 現在 東京大学 助教
  • 2016/01 - 2017/03 東京大学 特任助教
  • 2016/08 - 2016/10 ブラウン大学 客員研究員
  • 2015/10 - 2015/12 東京大学 特任研究員
  • 2014/04 - 2015/09 株式会社東芝 研究員
全件表示
所属学会 (3件):
Society for Industrial and Applied Mathematics ,  American Physical Society ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る