研究者
J-GLOBAL ID:201901010998813612   更新日: 2021年09月16日

黒沼 太一

クロヌマ タイチ | Kuronuma Taichi
所属機関・部署:
職名: 特別研究員PD
研究分野 (1件): 考古学
研究キーワード (9件): 日本列島 ,  南東アラビア ,  北東アフリカ ,  原史学 ,  アーカイヴ ,  博物館 ,  先史学 ,  考古学 ,  墓制
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2023 博物館所蔵考古資料と調査記録の集成・観察・検討を通じた墓地遺跡の空間分析
  • 2019 - 2020 紀元前4千年紀前半の上エジプトにおける墓地出土土器にみる地域性の研究
  • 2019 - 2020 博物館所蔵資料の出土コンテクストへの紐付けによる先史-原史時代墓地の空間的分析:エジプト・ナカダ遺跡の事例研究
  • 2017 - 2018 エジプト先史時代・ナカダ文化期前半社会における墓制の画期:ナカダ遺跡における死後付加属性の再考
  • 2016 - 2017 紀元前 4 千年紀ナイル河下流域・先史-原史時代社会における墓制の変容と発展:ナカダ文化・ナカダ遺跡における単葬墓・多葬墓の事例研究
全件表示
論文 (13件):
  • 黒沼太一, 三木健裕, 中島シャルロット=アン, 近藤康久. 紀元前2千年紀前半の南東アラビア -ワーディー・スーク文化期研究の現状と課題-. 西アジア考古学. 2021. 22. 143-163
  • Taichi Kuronuma. Large jars, small cups: observation of the Predynastic pottery placement in the cemeteries at Naqada, Upper Egypt. Ancient Egypt 2017: Perspectives of research. 2020. 111-120
  • Takehiro Miki, Taichi Kuronuma, Hiroyuki Kitagawa, Atsushi Noguchi, Yasuhisa Kondo. Bronze Age Vessel Remains from The Cave of Mugharat Al Kahf in The Wādī Tanūf: A Preliminary Report of The 2017/18 and 2018/19 Seasons. The Journal of Oman Studies. 2020. 21. 128-143
  • Taichi Kuronuma. Displayed Graves: A Study of Predynastic Naqada Burials as the Device for the Mortuary Ceremony. Invisible Archaeologies: Hidden aspects of daily life in ancient Egypt and Nubia. 2019. 96-112
  • Takehiro Miki, Taichi Kuronuma, Yasuhisa Kondo. Burial landscape of Bāt during the Um an Nar period: reconsideration through spatial statistics. The Journal of Oman Studies. 2019. 20. 48-77
もっと見る
MISC (16件):
  • 近藤康久, 北川浩之, 三木健裕, 黒沼太一. アラビア半島におけるホモ・サピエンスの定着:オマーン内陸部 ワディ・タヌーフ1号洞穴遺跡の土層堆積状況と年代について. パレオアジア文化史学計画研究A03班 2020年度研究報告書 アジアにおけるホモ・サピエンス定着期の気候変動と居住環境の解明. 2021. 1-4
  • 近藤康久, 三木健裕, 黒沼太一. アラビア半島におけるホモ・サピエンスの定着:オマーン内陸部ワディ・タヌーフにおける遺跡調査. パレオアジア文化史学 計画研究A03 2019年度研究報告書 アジアにおけるホモ・サピエンス定着期の気候変動と居住環境の解明. 2020. 13-17
  • 近藤康久, 三木健裕, 黒沼太一. アラビア半島におけるホモ・サピエンスの定着:オマーンでの予備調査(第3報). パレオアジア文化史学計画研究A03班 平成30年度研究報告書 アジアにおけるホモ・サピエンス定着期の気候変動と居住環境の解明. 2019. 37-38
  • 黒沼太一. エジプト先史時代・ナカダ文化期前半社会における墓制の画期-ナカダ遺跡における死後付加属性の再考-. 髙梨学術奨励基金年報 平成29年度研究成果概要報告. 2018. 147-154
  • 黒沼太一. エジプト学の最新研究2017 ナポリ大会. 西アジア考古学. 2018. 19. 57-62
もっと見る
書籍 (1件):
  • 神奈川県大和市 中ノ原遺跡I地点・中ノ原遺跡J地点・中ノ原遺跡L地点・中ノ原遺跡M地点・中ノ原遺跡N地点・中ノ原遺跡P地点・中ノ原遺跡Q地点・深見神社北遺跡第5次調査 埋蔵文化財発掘調査報告書
    大和市 2021
講演・口頭発表等 (43件):
  • Development of Cultural Landscapes in the Canyon of Al-Hajar mountains: Survey and Excavation at Wādī Tanūf 2019-2020
    (54th Seminar for Arabian Studies 2021)
  • 南レヴァントにおけるエジプト系居留地の形成-テル・エラニ出土土器の試験的定量分析から-
    (日本西アジア考古学会第26回総会・大会 2021)
  • Regional diversity of Upper Egyptian Predynastic funerary pottery: A trial observation of surface treatment of beakers in the first half of the Naqada Period
    (Ninth European Conference of Egyptologists (Online Conference) 2021)
  • Ceramic assemblage in the Predynastic cemeteries: Morphological combination and consideration on the usage in mortuary context in terms of ideological and social aspects
    (Current Research in Egyptology 2020/2021: Rhodes (Virtual Conference) 2021)
  • Regional characteristics of the tomb superstructures in the Middle Bronze Age Wadi Suq period in northern Oman: New insights in light of a survey in the Wadi Tanuf canyon
    (The British Association for Near Eastern Archaeology Virtual Conference 2021 2021)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2013 - 2018 首都大学東京大学院 文化基礎論専攻歴史学・考古学教室博士後期課程
  • 2011 - 2013 首都大学東京大学院 文化基礎論専攻歴史学・考古学教室博士前期課程
  • 2007 - 2011 首都大学東京 都市教養学科人文・社会系国際文化コース歴史・考古学分野
  • 2009 - 2010 Universität Wien
学位 (1件):
  • 博士(考古学) (首都大学東京)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員PD
  • 2020/04 - 現在 総合地球環境学研究所 研究基盤国際センター 外来研究員
  • 2020/04 - 2020/09 東京都立大学 人文学部 非常勤講師
  • 2019/04 - 2020/03 総合研究大学院大学 先導科学研究科 特別研究員(非常勤)
  • 2019/04 - 2020/03 首都大学東京 オープンユニヴァーシティTMUプレミアム・カレッジ 特任助教(非常勤)
全件表示
所属学会 (5件):
Union Internationale des Sciences Préhistoriques et Protohistoriques ,  The Egypt Exploration Society ,  American Society of Overseas Research ,  The British Association for Near Eastern Archaeology ,  日本西アジア考古学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る