研究者
J-GLOBAL ID:201901014145215761   更新日: 2021年03月31日

中村 千尋

Nakamura Chihiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 経済史
論文 (5件):
  • 中村(渡辺)千尋. 両大戦間期フランスの移民政策に関する一考察(2)ーウィリアム・ウアリドの議論を中心にー. 『千葉大学経済研究』. 2021. 35. 3・4
  • 中村(渡辺)千尋. 両大戦間期フランスの移民政策に関する一考察(1)ーウィリアム・ウアリドの議論を中心にー. 『千葉大学経済研究』. 2019. 33. 3・4
  • 渡辺千尋. 1920年代フランスにおける外国人労働者の導入と国家の対応:移民常任省間委員会の議論を手がかりとして. 歴史と経済. 2013. 221. 18-31
  • 渡辺千尋. 1920年代フランスにおける移民労働者の組織化:移民会社(SGI)の活動を中心に. 歴史と経済. 2008. 200. 35-45
  • 渡辺千尋. 両大戦間期フランスにおける国民概念とその変容:1927年国籍法の改正を中心に. ヨーロッパ研究. 2007. 6. 153-169
MISC (1件):
  • 中村千尋. 書評「パトリック・ヴェイユ(宮島喬・大嶋厚・中力えり・村上一基訳)『フランス人とは何かー国籍をめぐる包摂と排除のポリティクスー』」. 『現代史研究』. 2020. 66. 55-61
書籍 (2件):
  • 小野塚知二編『第一次世界大戦開戦原因の再検討:国際分業と民衆心理』
    岩波書店 2014
  • 宮島喬編『移民の社会的統合と排除:問われるフランス的平等』
    東京大学出版会 2009
講演・口頭発表等 (3件):
  • 1930年代フランスにおける移民政策の展開ー外国人労働者の規制と二国間協定ー
    (社会経済史学会第88回全国大会 2019)
  • フランスにおける移民政策の形成過程:1918-1939年
    (政治経済学・経済史学会博士論文報告研究会 2017)
  • さまざまな平和主義思想と開戦原因
    (政治経済学・経済史学会春季総合研究会 2014)
学歴 (1件):
  • - 2014 東京大学大学院
学位 (1件):
  • 博士(経済学) (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2017/04 - 現在 千葉大学 大学院社会科学研究院
  • 2015/04 - 2017/03 千葉大学 法政経学部 准教授
  • 2014/04 - 2015/03 東京大学 大学院経済学研究科 助教
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る