研究者
J-GLOBAL ID:201901020148545452   更新日: 2020年09月01日

浅海 泰栄

Asaumi Yasuhide
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 循環器内科学
研究キーワード (5件): 循環器病学 ,  動脈硬化 ,  低侵襲的画像診断法 ,  カテーテルインターベンション ,  心筋炎
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2020 高リスク冠動脈硬化巣を認識する多面的非侵襲的画像診断法確立のための基盤研究
  • 2018 - 2019 安定冠動脈疾患予後改善のための無侵襲的リスク層別化法および薬物療法個別化法の開発
  • 2017 - 2018 冠動脈硬化巣病変進展・性状と心筋虚血発生の相互作用の検証
  • 2014 - 2017 不安定動脈硬化巣を検出する核磁気共鳴法を用いた新たな冠動脈・分子画像診断法の開発
  • 2008 - 2010 心肥大・心不全における血管新生の役割:新たな治療標的としての可能性の検討
論文 (78件):
もっと見る
MISC (120件):
  • Takamasa Iwai, Yu Kataoka, Hayato Hosoda, Kota Murai, Takahiro Nakashima, Satoshi Honda, Masashi Fujino, Kazuhiro Nakao, Shuichi Yoneda, Fumiyuki Otsuka, et al. Phenotypic Features of Coronary Atheroma in Hemodialysis-Dependent Patients With Coronary Artery Disease:Near-Infrared Spectroscopy and Intravascular Ultrasound Imaging Analysis. CIRCULATION. 2019. 140
  • 北原 慧, 片岡 有, 細田 勇人, 中村 隼人, 邑井 洸太, 岩井 雄大, 中島 啓裕, 本田 怜史, 中尾 一泰, 藤野 雅史, et al. The Extent of Lipidic Components Associates with Thrombogenecity at Culprit Plaque in ACS: Insight from OCT and NIRS Imaging Analysis(和訳中). 日本循環器学会学術集会抄録集. 2019. 83回. PJ106-6
  • 木曽 啓祐, 立石 恵実, 土井 貴仁, 河野 淳, 浅海 泰栄, 野口 暉夫, 福田 哲也. 虚血誘発性の左室非同期の検証 D-SPECTシステムで測定する心筋血流予備能による評価(Verification of Ischemia Induced Left Ventricular Dyssynchrony: Investigated with Myocardial Flow Reserve Evaluated by D-SPECT System). 日本循環器学会学術集会抄録集. 2019. 83回. PJ082-1
  • 木曽 啓祐, 立石 恵実, 土井 貴仁, 河野 淳, 浅海 泰栄, 野口 暉夫, 福田 哲也. 虚血誘発性の左室非同期の検証 D-SPECTシステムで測定する心筋血流予備能による評価(Verification of Ischemia Induced Left Ventricular Dyssynchrony: Investigated with Myocardial Flow Reserve Evaluated by D-SPECT System). 日本循環器学会学術集会抄録集. 2019. 83回. PJ082-1
  • 中野 宏己, 近森 大志郎, 永井 利幸, 本田 泰之, 本田 怜, 岩上 直嗣, 菅野 康夫, 浅海 泰栄, 相庭 武司, 野口 暉夫, et al. 急性心不全患者において鉄欠乏が長期予後に与える影響(The impact of Iron Deficiency for Long-term Prognosis in Patients with Acute Heart Failure). 東京医科大学雑誌. 2019. 77. 1. 71-71
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • Tissue Characterization of High-risk Coronary Plaque Detected on Non-Invasive Magnetic Resonance Imaging: Comparison with Histological Findings and their Fundamental Roles.
    (第83回日本循環器学会年次総会 2019)
  • SYNTAX trial時代における冠血行再建術の適応-冠動脈硬化の複雑性及び臨床背景に基づいた選択
    (第32回日本冠疾患学会学術集会 2018)
  • CABG後にPCIを必要とした症例における至適薬物療法と長期予後の検証:13年に渡る当院データベースから
    (第27回日本心血管カテーテルインターベンション治療学会総会 2018)
  • The Development and Validation of SYNTAX Based Clinical Tools for Objective and Tailored Decision-making in Patients with Complex Coronary Atherosclerosis.
    (第82回日本循環器学会年次総会 2018)
  • 劇症型心筋炎における補助循環装置からの離脱指標の検証
    (第65回日本心臓病学会年次総会 2017)
もっと見る
経歴 (8件):
  • 2013/11 - 現在 国立循環器病研究センター 心臓血管内科 医長
  • 2012/01 - 2013/10 国立循環器病研究センター 心臓血管内科 医師
  • 2010/04 - 2011/12 いわき市立総合磐城共立病院 循環器内科 科長
  • 2008/01 - 2010/03 ボストン大学医学部 ウィッタカー心臓血管研究所 博士研究員
  • 2007/04 - 2007/12 平鹿総合病院 第二内科 科長
全件表示
所属学会 (5件):
American Heart Association ,  日本心不全学会 ,  日本集中治療医学会 ,  日本循環器学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る