研究者
J-GLOBAL ID:201901020420902723   更新日: 2020年06月04日

居作 和人

Izukuri Kazuhito
所属機関・部署:
論文 (18件):
  • Shiotsu-Ogura Y, Yoshida A, Kan P, Sasaki H, Toyama T, Izukuri K, Hamada N, Yoshino F. Antimicrobial photodynamic therapy using a plaque disclosing solution on Streptococcus mutans. Photodiagnosis and photodynamic therapy. 2019. 26. 252-257
  • Yang XY, Ozawa S, Kato Y, Maehata Y, Izukuri K, Ikoma T, Kanamori K, Akasaka T, Suzuki K, Iwabuchi H, Kurata SI, Katoh I, Sakurai T, Kiyono T, Hata RI. C-X-C Motif Chemokine Ligand 14 is a Unique Multifunctional Regulator of Tumor Progression. International journal of molecular sciences. 2019. 20. 8
  • 居作 和人, 前畑 洋次郎, 畑 隆一郎. 癌抑制性ケモカインCXCL14の発現はヒト口腔扁平上皮癌細胞において幹細胞因子の発現を制御する. Journal of Oral Biosciences Supplement. 2018. 2018. 434-434
  • Yang Xiao-Yan, Miyamoto Chihiro, Akasaka Tetsu, Izukuri Kazuhito, Maehata Yojiro, Ikoma Takeharu, Ozawa Shigeyuki, Hata Ryu-Ichiro. Chemokine CXCL14 is a multistep tumor suppressor. JOURNAL OF ORAL BIOSCIENCES. 2016. 58. 1. 16-22
  • 陽 暁艶, 宮本 千央, 居作 和人, 加藤 靖正, 畑 隆一郎. がんの肺転移抑制におけるケモカインCXCL14/BRAKとNKT細胞との相乗作用(Mechanisms of tumor suppression by chemokine CXCL14: Synergistic effects of chemokine CXCL14 and NKT cells on the suppression of metastasis on the lung). Journal of Oral Biosciences Supplement. 2015. 2015. 194-194
もっと見る
MISC (4件):
  • 小鹿 眞理, 居作 和人, 木暮 昌平. 【徹底ガイド 口腔ケアQ&A-すべての医療従事者・介護者のために-第2版】口腔ケアに使用するグッズと薬剤 口腔ケアと食品、口腔ケアフリー食品について、教えてください. ナーシングケアQ&A. 2014. 48. 136-138
  • 小鹿眞理, 居作和人, 木暮昌平. IV.口腔ケアに使用するグッズと薬剤 Q59 口腔ケアと食品,口腔ケアフリー食品について,教えてください. ナーシングケアQ&A. 2009. 30. 141-143
  • 小鹿 眞理, 居作 和人, 木暮 昌平. 【徹底ガイド 口腔ケアQ&A すべての医療従事者・介護者のために】口腔ケアに使用するグッズと薬剤 口腔ケアと食品、口腔ケアフリー食品について、教えてください. ナーシングケアQ&A. 2009. 30. 141-143
  • 居作 和人, 小鹿 真理, 斎藤 滋. 顎下腺と性ステロイド生成. 日本咀嚼学会雑誌. 1998. 8. 2. 25-26
講演・口頭発表等 (84件):
  • 口腔癌細胞において癌抑制性ケモカインCXCL14の発現は幹細胞マーカーの発現を制御する
    (日本結合組織学会学術大会プログラム・抄録集 2019)
  • Pholoxine Bを応用したStreptococcus mutansに対する抗菌光線力学療法の検討
    (神奈川歯学 2018)
  • 口腔機能を指標とした生活習慣病のリスクスクリーニングとリスクマネジメント 神奈川歯科大学大学院大講座分野融合型基幹研究(1)
    (神奈川歯学 2018)
  • 歯垢染色色素Pholoxine Bを応用したStreptococcus mutansに対する抗菌光線力学療法の検討
    (神奈川歯学 2018)
  • 多段階癌抑制分子ケモカインCXCL14の発現は口腔扁平上皮癌細胞の幹細胞因子の発現を制御する
    (神奈川歯学 2018)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る