{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902232540578022   整理番号:19A0469949

無線センサネットワークシステムのためのKOH溶液電解質型電気二重層スーパーキャパシタ【JST・京大機械翻訳】

A KOH Solution Electrolyte-Type Electric Double-Layer Supercapacitor for a Wireless Sensor Network System
著者 (5件):
資料名:
巻:号:ページ: ROMBUNNO.7500904.1-4  発行年: 2018年
JST資料番号: W2476A  ISSN: 2475-1472  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本論文では,無線センサネットワーク(WSN)システムの電源としてスーパーキャパシタを開発した。提案したスーパーキャパシタは,木炭および鋼板と共に水酸化カリウム(KOH)溶液を含む環境に優しい電解質を使用する電気二重層キャパシタ(EDLC)である。EDLCは重金属や毒性物質を含まず,環境に悪影響を与えない。さらに,電解質としての水性KOHの使用は,着火の可能性を排除し,コンデンサの安全性を確保した。木炭EDLCを製作し,実験的に実証した。スーパーキャパシタをWSNシステムの電源として使用し,10W光起電力モジュールを25Wh電力貯蔵のために木炭EDLCと結合した。WSNシステムは,約0.7Wの電力消費で24時間連続運転された。これらの結果は,電力供給として木炭EDLCを採用することにより,WSNシステムが24時間連続的に成功裏に運転できることを証明した。夜間に,WSNシステムは木炭EDLCに貯蔵された電力の35(8.4Wh)を消費した。これらの結果から,提案した環境に優しい木炭EDLCはWSNシステムのための信頼できて安全な電力供給として役立つ解決策である可能性があると結論づけることができる。Copyright 2019 The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
静電機器 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る