{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201902284457920245   整理番号:19A0930914

保存を目的とした既存灯台の耐震性評価

著者 (2件):
資料名:
号: 22  ページ: 87-94  発行年: 2019年04月
JST資料番号: L7482A  ISSN: 1345-501X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本研究で取り上げている灯台は,航路標識の一つとして日本の近代化や経済発展を明治初期から支えてきた。GPSなど航海計器が発達した現在も海上交通の安全を守る重要な社会基盤施設であるとともに,近代化(産業)遺産や景観資源として後世に継承すべき財ともなっており,現地で使い続けていくための保存手法の確立が切望されている。本論文は,このような既存灯台の保存を目的に,その耐震性評価に関する一連の研究をまとめたものであり,名古屋市立大学大学院芸術工学研究科での3年間,本研究のきっかけとなった灯台の振動計測調査(テクニカルレポート第18号掲載)から数えれば約5年間の研究成果である。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
航路標識,航行補助施設 
引用文献 (9件):
  • 海上保安庁灯台部工務課:航路標識業務便覧、(制定年不明)
  • 海上保安庁灯台部工務課:航路標識構造物設計基準、1976.1
  • 海上保安庁灯台部工務課:航路標識構造物設計基準、1984.5
  • 海上保安庁灯台部工務課:航路標識構造物設計基準、1997.3
  • 海上保安庁交通部整備課:航路標識構造物設計基準、2004.3
もっと見る
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る