{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902299227437992   整理番号:19A0419551

神岡観測所の地下実験室における周囲中性子の測定

Measurement of ambient neutrons in an underground laboratory at the Kamioka Observatory
著者 (14件):
資料名:
巻: 2018  号: 12  ページ: WEB ONLY  発行年: 2018年12月
JST資料番号: U0548A  ISSN: 2050-3911  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
周囲中性子は,まれな事象を探索する地下実験のための最も厳しいバックグラウンドの1つである。神岡観測所の地下実験室における周囲中性子束を,種々の減速材設定による3He比例計数器を用いて測定した。検出器応答はスペクトル形状に大きく依存するので,岩石から実験室へ輸送された中性子のエネルギースペクトルをモンテカルロシミュレーションにより評価した。全中性子束に対する熱中性子束の比は岩石の熱化効率に依存することが分かった。そのため,減速材のない場合と減速材のある場合の計数率の比を用いて,このパラメータを決定した。その結果,実験結果によって決定されたパラメータに対するシミュレーションによって予測された最も可能性のある中性子スペクトルが得られた。結果は,以前の研究では示されていない興味深いスペクトル形状を示唆した。全周囲中性子束は,(23.5±0.7stat.+1.9-2.1 sys.)×10-6 cm-2 s-1である。この結果,特にエネルギースペクトル情報は,神岡観測所の地下実験室での現在および将来の実験におけるバックグラウンドを推定するための新しい重要な入力となり得る。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
放射線計測・計測器一般  ,  中性子との相互作用 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る